電話番号から住所・名前を調べる方法(逆も可)

投稿日:2015年12月20日 更新日:

スポンサーリンク

今回は「電話番号から住所・名前を調べる方法(逆も可)」についてご紹介します。

昔はタウンページなんかを使っていた気もしますが時代は変わりました。もっと簡単に、ネットを使って検索が可能です。

なんか恐くない?
若い人は知らないかも知れないけど、
昔は一家に一冊「タウンページ」っていう辞書みたいな本があってね。
それに一般家庭の電話番号が載っていたりしたんだよ。
時代を感じるわ・・・

どういう仕組みか分かりませんが、定期的に実家の玄関前にぶ厚いタウンページが置かれていましたw

親がお金を払って買っていたんでしょうか?あれは・・・。

ちなみに現在のタウンページは、お店や企業などの電話番号を掲載している様ですね!時代に合わせてネットでの展開をしている様です。

追記

記事作成後に再度「住所でポン」のサイトを確認し、変更があった点について追記しています。

この追記を踏まえた上で記事をお読み頂けると幸いです。

追記1・自分の検索したキーワードが表示されなくなった様です

以下の記事では「自分の検索したキーワードが表示される」と書いていますが、その後、自分の検索したキーワードは表示されなくなった様です。

あくまで私の確認した範囲になりますが、検索キーワードを他人に見られる心配は必要なくなったのかも知れません。

電話番号から住所を調べる方法

電話番号から住所を調べるには「住所でポン(ネットの電話帳)」というサイトを使います。

このサイトで出来る事は以下の通りです。

  • 住所から電話番号・名前を調べる
  • 電話番号から住所・名前を調べる
  • 名前から住所・電話番号を調べる
2012年の電話帳って書いてあるよ?

今は2018年なんだけど

有料登録が必要な情報もあるみたいだね。

下のリンクから、有料登録が出来るみたいだよ。

住所でポン(有料登録ページ)

(出典・ネットの電話帳

有料版の住所でポンについては、上のリンクから確認をすることが出来ます。

以下では無料版の住所でポンを使用しています。

住所でポンの使い方

スクリーンショット 2015-12-20 03.34.34

住所でポンの使い方はカンタンです。

アクセスすると上の様な画面となります。

右上に検索窓があるので、そこに情報を入力して「検索」または「苗字でポン!」を選択すれば検索が開始されます。

本当にたったそれだけ。カンタンです。

※検索窓はトップページの左上に変更されました。

住所でポン(ネットの電話帳)を使うときの注意点!

住所でポンを使う時の注意点が2つほどあります。

以下でそれぞれ説明します。

① 無料で使えるデータは限られている

住所でポンに使用しているデータは、有料版でしか検索できないものがあります。

つまり無料の場合に検索出来るデータには限りがあり、場合によっては「データはあるのに検索できない」という事が起こります。

② 検索した内容がサイトに表示される

※その後、検索内容が他人の目に触れることはなくなった様です。

スクリーンショット 2015-12-20 03.40.06

サイトをスクロールするとこの通り、直近の検索キーワードが表示されます。

例えば実家の電話番号や自分の名前で検索などしても、一字一句隠されることなく、そのままここに表示される事になります。

これは検索後に知るとちょっとギョッとすると思います。

このサイトは利用者が多いため、1分もすればデータは埋もれて表示されなくなりますが、どこにデータが保存されているか分かりません。

だから何?と思える人は問題ありませんが、気になる人はこの点に関しての理解は必要になりそうです。

最初、自分の電話番号が表示された時はマジでビビりました・・・。
でもまあ、誰が検索してるかは分からないし。
私は別にどうでもいいわよ。
た、たしかに。気にしすぎかな。

もしも自分の検索したワードがなかなか埋もれていかないよ~というときには、適当なワードで何度も検索して、最初のワードを埋もれされる手もありますw

※その後、検索内容が他人の目に触れることはなくなった様です。
また仕様変更がある可能性もゼロではないので、検索前に一応サイトを見回してみてもいいかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-その他

Copyright© すまおじ.com , 2018 All Rights Reserved.