【スマホもOK!】DropBoxで削除したファイルの復元方法!条件をクリアすれば元に戻せます!

おじさんです!

慌てました・・・。DropBoxに保存してあった大切なデータを誤って削除してしまったのです。しかも気付かずに、複数・・・。

ですがDropBoxには、削除したファイルの復元機能が備わっています。以下の方法で削除したファイルの復元が可能なので、ご参照下さい(条件を満たさないと復元は出来ません)。

スポンサーリンク

DropBoxに保存してあるデータは、条件を満たせば復元可能!

僕は間違って、DropBoxに保存してあった大切なデータを削除してしまいました。

しかしDropBoxでは保存されていたデータのバックアップがされているので、条件さえ満たせば、削除したデータを復元して元通りにする事が可能です。

気になる「復元の為の条件」ですが、これは通常「削除から30日以内」となっています。

「間違えて削除しちゃった~」という事態になっても、そこから30日以内であればセーフです。今回ご紹介する方法を使えば、削除したデータを復元して元通りにする事が出来ます。

データの保存期間をもっと長くしたい・・・という場合には拡張機能の「エクステンデッドバージョン履歴」の契約をする必要があります。

エクステンデッドバージョン履歴の契約をすれば、データのバックアップは1年分されます。つまり削除したデータを1年前まで遡れる・・・という事になります。

ただし注意しなければいけないのは、データのバックアップ期間が1年になるのはエクステンデッドバージョン履歴の契約したそれ以降だということです。

例えば2017年1月にエクステンデッドバージョン履歴の契約をして、2016年1月に削除したデータを復活出来るかと言えば、出来ません。

エクステンデッドバージョン履歴の契約は、ウェブ版のDropBoxにログインをして、「設定」の項目からする事が出来ます。

DropBoxで削除したアイテムの復元方法!

DropBoxで削除したアイテムの復元方法は以下の通りです。

PCの場合とスマホの場合で方法が異なるので、それぞれ以下で説明します。

① PCの場合

DropBox(ウェブ版)

まずはウェブ版のDropBoxにアクセスして下さい。通常はアプリからDropBoxにアクセスしていると思うのですが、今回はブラウザを使ってウェブ版のDropBoxを使います。

ウェブ版のDropBoxにアクセスしたら、「ログイン」の項目からアカウントにログインをして下さい。

「削除したファイル」という項目があるので、これをタップします。

1ヶ月以内に削除したファイル(1ヶ月を少し超えたくらいなら表示される場合もあります)が表示されるので、復元したいファイルを選択します。

「復元」という項目があるのでこれをタップすれば、削除したファイルが元の場所に復元されます。

このとき、すぐ隣りに「完全に削除」という項目があるので注意して下さい。

② スマホの場合

スマホの場合もPCと同様に、ウェブ版のDropBoxから作業を行います。ただし、ちょっとだけ手順が違います。

DropBox(ウェブ版)

まずはChromeやSafariなどのブラウザを使って、ウェブ版のDropBoxにアクセスをして下さい。

アカウント情報を入力して、ログインをします。

スマホ表示のウェブ版DropBoxにログイン出来ましたが、これでは削除したファイルの復元は出来ません。

「ファイル」の項目のまま、下の方へスクロールしてみましょう。

「ファイル」の項目を一番下までスクロールして、「デスクトップ版」をタップします。

この時、必ず「ファイル」の項目から「デスクトップ版」をタップする様にして下さい。他の項目にも「デスクトップ版」はありますが、「ファイル」からじゃないと削除したファイルの復元が出来ません。

かなり小さく画面が表示されるのですが、左のサイドバーに、上の画像の様なところがあります。「削除したファイル」の項目を選択して下さい。

するとこの様に、削除したファイルの一覧が表示されます。

一覧の中から、復元したいファイルをタップしましょう。

「復元」の項目をタップすれば完了です。選択したファイルが元の場所に復元されます。

隣りにある「完全に削除」をタップすると復元出来なくなってしまうので、気を付けて下さい。

スマホ単体でもDropBoxで削除したファイルの復元は可能!

上に書いた通り、ちょっとややこしいですがスマホ単体でも削除したファイルの復元は可能です。

大切なデータをDropBoxに保存している人も少なくないと思いますが、こうしてバックアップからの復元が出来るとなると、安心感が更に増しますね。

ただしDropBoxの技術的な問題で一部のユーザーのデータが完全に削除されてしまう・・・なんてトラブルも考えられるので、大切なデータは定期的に別の場所へもバックアップしておくことをオススメします。

スポンサーリンク