iOS11ではスクリーンショットの切り抜き等の編集が可能に!これはマジで便利です!

本日公開されたiOS11を早速インストールしてみたのですが、まず最初に「これイイな!」と思った機能は「スクリーンショットの切り取り」でした。

元々なんでこの機能が純正でなかったのか不思議ですが、とても便利なので是非使ってみて下さい!

スポンサーリンク

iPhoneでスクリーンショットの切り抜きをする方法(iOS11)

iOS11では、スクリーンショットが多機能になりました。他社製のアプリであれば今までも色々できたと思いますが、純正で出来るというのがめちゃくちゃデカいです。ノーストレスでサクサクできますからね。

という事で、以下がその手順となります。

まずはiPhoneを使って、普通にスクリーンショットを撮ればOK。ホームボタンとスリープボタン(右側面のボタン。機種によって違うかも?)の長押しでスクリーンショットが撮れます。

スクリーンショットを撮ると、左下に見慣れぬ表示が・・・。

これをタップすると、撮影したスクリーンショットの編集が始まります(複数のスクリーンショットを撮った状態から編集に入る事も出来ます)。

左下に現れたスクリーンショットのミニ版をタップすると、上の様にスクリーンショットの編集画面となります。

下のペンやマーカーを選んで書き込みをしたりすることも出来ます。

上下左右にある青い線を動かすと、スクリーンショットの切り抜きが行えます。残したい部分を青い腺で囲む感じです。

切り抜き部分を決定したら、左上の「完了」をタップします。

「写真に保存」をタップすると、スクリーンショットの保存が完了します。

長いスクリーンショットを撮ることは出来ないの?

iOS11になってスクリーンショットの機能が強化されたので「もしや?!」と思って色々と試してみたのですが、どうやらまだ「縦長のスクリーンショット撮る」ことは出来ないみたいです。残念。

スポンサーリンク