iPhone7には防水機能が付く?なぜ今までなかった?

iPhone7には防水機能が付く?なぜ今までなかった?

スクリーンショット 2015-12-05 06.59.16

おじさんです。

iPhone7ではついに待望の防水機能が付くと噂されています。

もしも本当なら待ちに待った、という感じなのですが・・・。

スポンサーリンク

iPhone6sの「プチ防水機能」はiPhone7の防水機能への布石?

iPhone6sにはプチ防水機能が付いています。

これには個体差があり、とてもじゃないですがちゃんとした防水機能とは言えません。もちろんAppleもこれを防水機能として公言しているわけではありませんが。

ですがiPhoneはずっと防水機能を付けないままでした。そんな中でこの「プチ防水機能」はちょっとしたインパクトがあります。

もしかしたら、iPhone7に正式な防水機能を搭載する為の布石なのかも知れません。

【関連】iPhone6sの防水機能の検証動画

iPhone7は防水機能の為にボディの材質が変わる可能性あり

iPhone6sは金属のボディでした。その前もその前も、iPhone6sのボディはずっと金属でした。

ですがこれが次回のiPhone7で変わる可能性があります。それは防水機能と為ではないか?と言われています。

iPhone7のボディの素材として噂されているのが、「樹脂のボディ」と「ガラスのボディ」です。

樹脂のボディというと、iPhone5Cの様なちょっとチープなイメージが浮かびます。

ガラスボディと言うと、Xperiaのボディが想像されます。

どちらも金属のボディに比べると質感は落ちる気がするのですが、iPhoneのデザインはいつも秀逸です。

iPhone7でボディの素材が変わるとしても、ユーザーの納得できるような素晴らしいデザインにしてくれるのではないでしょうか。

なぜ今までiPhoneには防水機能がなかったのか?

Android機では随分前から防水機能は当たり前の様になっていました。

一部のユーザーの中には「iPhoneに防水機能がつくのはいつかな・・・」と待っていた人もいると思います。

そんな中、なぜiPhoneは防水機能を搭載してこなかったのでしょうか?

その理由は以下の様に噂されています。

  1. コスト削減の為
  2. 本体が大きくなってしまうから
  3. デザインが崩れるから
  4. Appleにとっては防水機能の優先順位が低い
  5. 日本と欧米では入浴のスタイルが違う

防水機能を搭載することで、コストがかさみ、さらに本体が大きくなるなどして、デザインが大きく損なわれる事をAppleは嫌がった、と予想されています。

さらに、日本と欧米の入浴スタイルの違い、という事も言われます。

日本は湯船に浸かってゆっくりとお風呂を楽しみますが、欧米の場合はサッとシャワーで済ませる事が多く、防水機能を使う機会が少ないのだそうです。

それによって、Appleにとって防水機能の優先順位は低くなっているのでは?と言われています。

iPhone7に本当に防水機能が付くかどうかはまだ分かりませんが、それなりの期待をして良いかも知れませんね。

スポンサーリンク