手帳型スマホケースの使い勝手は?メリットとデメリットをご紹介します!

投稿日:2015年11月8日 更新日:

スポンサーリンク

「自分好みのケースを付ける事が出来る」というのは、ガラケー時代にはなかった、スマホならではの新しい楽しみ方ではないでしょうか?(ストラップをジャラジャラ付けまくっている人はいましたが)。

でもスマホケースって色々種類があって迷っちゃいますよね。

今回はそんな多様なスマホケースの中でも、手帳型ケースについて取り上げてみたいと思います。

僕は実際手帳型のスマホケースを愛用していたのですが、慣れるとなかなか使い勝手が良く、オススメできますよ!

手帳型スマホケースってどんな感じ?

手帳型スマホケースって、実際どんな感じのものなの?

・・・と思われるかも知れないので、

僕が実際に使っていた手帳型スマホケースの画像をお見せしたいと思います。

ちょっと汚いんだけど、引かないでね!

スクリーンショット 2015-11-08 15.44.29

じゃーん!
うわ!汚い!
自分でも引くくらい汚いね!www

 

ということで、上の画像は僕が以前使っていた手帳型スマホケースです。

めちゃくちゃ汚いんですが、そこはカンベンして下さい。笑

昔使っていた、Galaxy Note3の手帳型スマホケースですね。

使用期間は1年くらいでしょうか・・・。

 

しかしこうして見ると、いくら何でも汚すぎますね。

徐々に汚れていく為、使っている時は気がつかなかったのですが・・。笑

 

なんでこんなに汚いわけ?
これは手帳型スマホケース(革製)の特徴でもあるんだ
へー
これについてはまた、下の項で説明するね!

 

スクリーンショット 2015-11-08 15.44.35

ちなみにカバーを開けると、上の画像の様になります(スマホの画面まで汚いですねw)。

パタンパタンとスマホの前面をカバーが覆うのが特徴です。

手帳型スマホケースのメリットについて

それでは手帳型スマホケースのメリットについて見ていきましょう。

メリットがないなら、選ぶ価値がないですからね。

もちろん、手帳型のスマホケースのメリットはたくさんありますよ!

メリット① スマホの保護能力が高い

普通のスマホケースは、背面か、あるいは角だけを守るものが多いです。

しかし手帳型スマホケースは、スマホ全体を守ります。

 

この事での一番のメリットは、スマホ前面、ディスプレイの保護でしょう。

普通のケースでは、前面からスマホが落ちた場合、液晶画面を割る可能性が高いです。

しかし手帳型のスマホケースであれば、その危険は大幅に減ります。

 

手帳型スマホケースでも、開いたまま落としたら・・・?

と考える人もいるかも知れないですが、そこまでの保護を望むなら、全体を覆った上でそのまま使えるタイプのカバーを選択するのが良いかと思います(プロテクターみたいな完全防備のヤツです)。

意外と下に落ちるまでの間にパタンとフタが閉まってくれる事もあります(体験談)。

メリット② 持ちやすい

最初の段階では「持ちにくい」と感じる人が多いと思います。ただそれは、慣れの問題によって解決することがほとんどです。

僕が以前使っていた手帳型スマホケースも、最初のうちは使いにくかったです。しかし、使い続ける事によって、それほど時間も経たないうちに「持ちやすい持ち方」を発見しました。

 

スクリーンショット 2015-11-08 15.44.23

それが上の画像の持ち方です。

スマホカバーから飛び出たボタン部分を指で挟み込む事によって、持っている時の安定感を増すようにしています。

さらに人差し指で折り畳んだカバー部分を掴む事によって、更に安定感が増すことになります。

 

これが正解の持ち方・・・・という事ではなくて、使っている内に体が自然と良い持ち方を覚えるよ、という事です。

手の大きさによっても違うと思います。

(写真のスマホはGalaxy Note3です)

 

手帳型スマホケースは持つ部分がたくさんあるので、慣れてしまえば普通のスマホよりも持ちやすいかと思います。

メリット③ 収納力がある

手帳型スマホケースには、いくつかの収納が付いている場合がほとんどです。

上の画像にある僕のスマホケースも、カードの入るスペースがいくつかあります。

(僕はモコモコするのが嫌で収納を使いませんでしたが)

 

iPhoneであれば、このカード入れに電子マネーカードを入れる事も出来るでしょう。

そういう意味では、iPhoneの場合、手帳型スマホケースにする事のメリットが大きいかも知れません。

擬似的なおサイフケータイ状態を作る事が出来ます。

メリット④ オシャレなので自己主張しやすい

手帳型スマホケースはスマホの前面まで覆うため、普通のスマホケースよりも面白いデザインが可能になっています。

背面のケースをデコる方もいますが、手帳型スマホケースであれば背面と前面の両方をデコる事も出来ます。

 

ちょっと悪目立ちする可能性もありますが、そういった自己主張をしたい方には手帳型スマホケースはメリットがあると思います。

もちろん、落ち着いたデザインのスマホケースもありますから、好みに応じて選択する事が出来ます。

メリット⑤ スタンド機能が付いているものもある

手帳型スマホケースには、スタンド機能が付いたものもあります。

スクリーンショット 2015-11-08 16.55.02

僕が使った経験で言うとそこまでカチッとハマるものはなかったです。

ケースがどんどん元の形に戻ろうとして、ちゃんと固定する事が出来ませんでした。

ですが、その問題点をクリアしたケースもあると思います。

こればかりはレビューを検索してみるか、出来れば実際に触ってみるしか実際のところは分かりません。

メリット⑥ 鏡が付いてるものがある

手帳型スマホケースの中には、小さな鏡が付いているものもあります。

女性であれば化粧直しなどで頻繁に鏡を必要とするはずですから、あれば便利かも知れないですね。

手帳型スマホケースのデメリットについて

デメリット① 持ちにくい

これは先ほどメリットの中で「持ちやすい」と書いた事と矛盾するのですが、要するに「持ちやすいと感じるまでに時間がかかる」という事です。

慣れる前に普通のケースに戻した人は「手帳型スマホケースは持ちにくい」という評価で終わってしまうと思います。

ですが、手の形や、手帳型スマホケースの形によっては、本当に持ちにくいもの、持ちにくいままのものもあるでしょう。

デメリット② 電話がしにくい

これは「持ちにくい」に関係しています。

電話をするときは普通手に持ってしますから、持ちにくいスマホでは電話もしにくい・・・という事ですね。ただこれは、慣れの問題が大きいかと思います。

デメリット③ 卓上充電器が使用出来ない

desk_im

卓上充電器はスマホ本体の形にマッチして作られています。その為、手帳型スマホケースを使う事によって、卓上充電器にはめる事がほぼ不可能になります。

普通のスマホケースでも同様の問題が起こる可能性がありますが、手帳型スマホケースに比べれば起きにくいと思われます。

最近普及してきたワイヤレス充電器も、もしかすると使えないかも知れません。

デメリット④ 汚れが目立ってくる(特に革製の場合)

スクリーンショット 2015-11-08 15.44.29

革製(合皮も含む)の手帳型スマホケースは材質の問題もあってか、使っているとかなり汚れが目立ってきます。

これを「味」と捉える事も出来ますが、人によっては「プラスチックの方がいい」と感じるかも知れません。

 

上の画像で貼った僕のスマホケースもかなり汚くなりました。

これを「味」と捉える事は、今の僕には出来ません・・。もしかしたら、何らかの手入れが必要だったのかも知れません。

スクリーンショット 2016-08-29 23.14.22

ちなみに買ったときは上の画像の様に、超かっこよかったのです。

これって革の手入れの問題じゃないの?
そうかも知れないね。

僕の様に手入れなんて考えもしない人は革製のケースは避けた方がいいのかも。

僕が今手帳型スマホケースを選ぶとしたら、革製のものは選びません。

「薄い・軽い・劣化しにくい」の三拍子を揃えたプラスチック製の手帳型スマホケースが最強だと思っています。

 

ただし、高級感のあるプラスチック製の手帳型スマホケースってなかなかないんですけどね・・・。

ちなみに、Galaxy S7 edgeの純正手帳型スマホケースは最高でした!

関連記事
Galaxy S7 edge純正ケース「Clear View カバー」のレビュー!グリップが安定して操作がしやすくなる最高のカバー!

おじさんです。 昨日「Galaxy S7 edgeの純正ケース注文したんだけど遅れてる」という記事を書いたのですが、遅れて5月24日になる予定が本日5月23日に届きました。やった! 今回は購入した「C ...

続きを見る

デメリット⑤ 質感が安っぽい物が多い

これは主観ですが、手帳型スマホケースは質感が安っぽい物が多いです。

僕の手帳型スマホケースは、それが嫌だったので少し高めのものにしました(それでも完全に納得出来るデザインではないですが)。

合皮のものは安っぽさが非常に出やすいと思います。

 

なんというか、

「高級に見せようとして背伸びして失敗した感」

みたいな感じが出てしまうのです。

 

これは手帳型スマホケースの宿命かも知れません。

それだったら、安いプラスチックのケースを買った方がいい・・と感じる方もいそうです。

 

ただ、女子高生が使うようなもの・・・キティちゃんとかのキャラクターがデカデカとしているものに関しては、そのチープさが逆に武器になるのでOKかと思います。

デメリット⑥ 写真が撮りにくい(ものがある)

僕は知らなかったのですが、なんと背面にカメラ用の穴が付いていない手帳型スマホケースがあるそうです。

となると、背面のカメラで撮影をするときには毎回スマホケースから出す必要があります。これはあり得ません。

 

あまりないタイプかとは思いますが、もしも背面にカメラ穴のないスマホがあったら、それは選択しない様にした方が良さそうです。

一応、購入時にキチンと確認をする様にしましょう。

自分の使っているスマホ専用にデザインされたケースでないと、「カメラ穴がない(位置が合わない)」ということが起こってくるかも知れません。

デメリット⑦ ダサい

手帳型スマホケースは「ダサい」という意見があるようです。

確かにもっさり感は出ます。

スマートさが消えるかも知れません。

おじさんくさい??と感じる方もいるみたいですね。

 

ただそこは好みの問題です。

自分がコレだと思ったら、好きなものを選べばいいと思います。

世間の目に屈してしまいそうならやめておきましょう。

デメリット⑧ かさばる

手帳型スマホケースはかなりかさばります。

特に革製の手帳型スマホケースを付けるとかなり分厚くなるので、本当に手帳を持っている様な重量感になります。

 

僕が以前買ったスマホケースもこんな感じでした。

その時使っていたスマホは小ささがウリのXperia Z3 compactだったのですが、革製の手帳型スマホケースを付けると余りにも大きく分厚くなってしまい、ウリの部分が完全に隠れてしまいました。

 

なので、個人的には革製の手帳型スマホケースはオススメしません。

オススメ出来るのはプラスチック製の手帳型スマホケースです。

硬くて薄い革を使用したものもあるかも知れませんが、実際に店頭でチェックしてから買う事をオススメします。

手帳型スマホケースの使い勝手はどんな感じ?

手帳型スマホケースの使い勝手は、僕的に言うとめちゃくちゃイイです。

こればっかりは慣れの部分も大きいのですが、慣れてしまえばマジ天国。

 

ただ、現在は手帳型スマホケースを使っていません。

理由は「良い手帳型スマホケースがないから」です。

僕は今iPhone7 Plusをメインのスマホとして使っているのですが、僕の条件に合う手帳型スマホケースがないんですよね・・・。

隅から隅まで見たわけではないので、いつか見つかるかも知れませんが・・・。

 

僕としては、純正の手帳型スマホケースが出て欲しいですね。

ある程度、質が保証されていると思うので。

手帳型スマホケースはこんな人にオススメ!

手帳型スマホケースはこんな人にオススメです!
  • iPhoneを擬似的なおサイフケータイとして使いたい人
  • 背面と前面を好きなデザインで主張したい人
  • スマホケースに収納が欲しい人
  • スマホの前面も保護したい人

・・・という感じでしょうか?

この他にも「持ちやすさ」などのメリットがあると思っていますが、それはどの手帳型スマホケースかによって随分変わってきます。

 

ネットで買うのと実際に見るのは全然印象が違うので、手帳型スマホケースを買うときは実際に店舗に行って見てみるのがオススメです。

僕もそれで一度失敗して、即お蔵入りになった経験があるので(^^;)笑

初めて買うメーカーのものは、特にそうかもね!

個人的にお気に入りの手帳型スマホケースは革製じゃなくて「プラスチック製」!

僕は手帳型のスマホケースを3年以上使っていますが、そんな中で1つの結論が出ました。

それは「プラスチックの手帳型スマホケースが最強!」という結論です。

プラスチック製の手帳型スマホケースは最強!
革製とどこが違うの?

 

理由は色々ありますが、主に3つの理由で気に入っています。

  1. 買った時の「イメージと違う」が少ない
  2. 購入後の劣化が少ない
  3. 薄くて軽い

それぞれ以下で説明します。

理由1. 買った時の「イメージと違う」が少ない(革製は写真を”盛ってる”場合がある)

スマホケースを買うときに実物を見て買える人は少ないと思います。

だいたいはネットで写真のみを見て、通販で買う人がほとんどではないでしょうか?

店舗で実物を見に言った場合でも、「ケースに入っていてよく分からない」っていうパターンが結構あるんですよね。

それで結局、失敗する事が多いです。

 

それに比べ、プラスチックの手帳型スマホケースは「イメージと違う」となることが少ない印象です。

というか革製(とか合皮)の手帳型ケースの当たり外れが大きすぎるんですよね。

僕が今使っているGalaxy S7 edgeのケースはコレです(記事執筆時)。

 

このケースはプラスチック製です。

ネットで見た写真と実物の差がなく、手に持った瞬間から超満足してます。

 

プラスチックのケースに比べて革製のケースは「当たり」の見極めが難しいです。

それこそ10万円以上する様な有名ブランドのものじゃないと、いいものはないかも知れません。

理由2. 購入後の劣化が少ない

プラスチックのケースは購入後の劣化が少ないです。あっても「欠けた」とか「キズが付いた」という、想像が付くレベル。

それに対して革製のケースはとんでもない劣化をしてくる可能性があります。

  • 色が汚くなった
  • 革(合皮)が破れて中身の厚紙が出てきた

などなど、「もう使えない」レベルで劣化するパターンが少なくないです。

革製は手入れをすれば長持ちするのかも知れませんが、僕は面倒臭くなってしまうのでやっぱいり向いてないみたいです。

理由3.薄くて軽い

このメリットは本当にデカいです。

プラスチック製の手帳型スマホケースと言っても色々だと思いますが、だいたいのものは薄くて軽いです。

革製になると分厚くて重くなってしますので、すっきりスマートにスマホを包んでくれる手帳型のスマホケースは本当にオススメですね。

純正の手帳型スマホケース(プラスチック)があれば最高

・・・と、手帳型スマホケースのプラスチック製を激推ししていますが、実はもう1つ大切な条件があります。

それは「純正のスマホケース」であることです。

 

純正のスマホケースはだいたい高クオリティに作られている為に、信頼がおける場合が多いです。

一方で非純正のスマホケースはピンキリで、やはり買ってみないと分からない部分もあります。

 

できればiPhoneなんかも純正の手帳型スマホケースのプラスチック製を出して欲しいんですが、今のところないみたいですね・・・。

 

プラスチック製の手帳型スマホケースはまだまだメジャーではありません。

ただしこれからどんどん増えてくる可能性はあります。

上の画像の様に「ケースのフタを閉めた状態でも簡単な操作ができる」というメリットをiPhoneが純正ケースに採用すれば、一気に認知度が上がって他のメーカーも追随するでしょうね。そうなって欲しいのですが。笑

(ただし、Galaxy S7 edgeの純正ケースの上の画像の機能はまだあまり使いやすくありません。これから良くなる機能ですね)

 

ということで、手帳型のスマホケースのメリットやデメリットなどを説明してみました。
ワタシも手帳型のスマホケースが欲しくなった!
まだまだ主流ではないんだけど、
使いやすさはバツグンだよ!

全機種対応の手帳型スマホケースもあります!

通常、スマホケースはスマホごとによって買い直す必要がありますが、全機種に対応した手帳型スマホケースもあります。

(引用・https://www.amazon.co.jp)

正確には「全機種対応」とまでは行かないのですが、ほぼすべてのスマホに対応しています。

ケースに入れたままではカメラを撮れない・・・などのデメリットはあるので、その点を踏まえて購入する必要はありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-スマホケース

Copyright© すまおじ.com , 2018 All Rights Reserved.