手帳型スマホケースはやめた方がいい?メリットとデメリットをご紹介します

投稿日:2015年11月8日 更新日:

スポンサーリンク

手帳型スマホケースのデメリット

デメリット① 持ちにくい

これは先ほどメリットの中で「持ちやすい」と書いた事と矛盾するのですが、要するに「持ちやすいと感じるまでに時間がかかる」という事です。

慣れる前に普通のケースに戻した人は「手帳型スマホケースは持ちにくい」という評価で終わってしまうと思います。

ですが、手の形や、手帳型スマホケースの形によっては、本当に持ちにくいもの、持ちにくいままのものもあるでしょう。

デメリット② 電話がしにくい

これは「持ちにくい」に関係しています。

電話をするときは普通手に持ってしますから、持ちにくいスマホでは電話もしにくい・・・という事ですね。ただこれは、慣れの問題が大きいかと思います。

デメリット③ 卓上充電器が使用出来ない

desk_im

卓上充電器はスマホ本体の形にマッチして作られています。その為、手帳型スマホケースを使う事によって、卓上充電器にはめる事がほぼ不可能になります。

普通のスマホケースでも同様の問題が起こる可能性がありますが、手帳型スマホケースに比べれば起きにくいと思われます。

デメリット④ 汚れが目立ってくる(特に革製の場合)

スクリーンショット 2015-11-08 15.44.29

革製(合皮も含む)の手帳型スマホケースは材質の問題もあってか、使っているとかなり汚れが目立ってきます。これを「味」と捉える事も出来ますが、人によっては「プラスチックの方がいい」と感じるかも知れません。

上の画像で貼った僕のスマホケースもかなり汚くなりました。これを「味」と捉える事は、今の僕には出来ません・・。もしかしたら、何らかの手入れが必要だったのかも知れません。

スクリーンショット 2016-08-29 23.14.22

ちなみに買ったときは上の画像の様に、超かっこよかったのです。やはり手入れの問題でしょうか。

デメリット⑤ 質感が安っぽい物が多い

これは主観ですが、手帳型スマホケースは質感が安っぽい物が多いです。僕の手帳型スマホケースは、それが嫌だったので少し高めのものにしました(それでも完全に納得出来るデザインではないですが)。

合皮のものは安っぽさが非常に出やすいと思います。

 

なんというか、「高級に見せようとして背伸びした(でも失敗した)」みたいな感じが出てしまうのです。これは手帳型スマホケースの宿命かも知れません。それだったら、安いプラスチックのケースを買った方がいい・・と感じる方もいそうです。

ただ、女子高生が使うようなもの・・・キティちゃんとかのキャラクターがデカデカとしているものに関しては、そのチープさが逆に武器になるのでOKかと思います。

デメリット⑥ 写真が撮りにくい(ものがある)

僕は知らなかったのですが、なんと背面にカメラ用の穴が付いていない手帳型スマホケースがあるそうです。

となると、背面のカメラで撮影をするときには毎回スマホケースから出す必要があります。これはあり得ません。

 

あまりないタイプかとは思いますが、もしも背面にカメラ穴のないスマホがあったら、それは選択しない様にした方が良さそうです。購入時にキチンと確認をする様にしましょう。

デメリット⑦ ダサい

手帳型スマホケースは「ダサい」という意見があるようです。

確かにもっさり感は出ます。スマートさが消えるかも知れません。おじさんくさい??と感じる方もいるみたいですね。

 

ただそこは好みの問題です。自分がコレだと思ったら、好きなものを選べばいいと思います。世間の目に屈してしまいそうならやめておきましょう。

手帳型スマホケースはこんな人にオススメ!

  • iPhoneを擬似的なおサイフケータイとして使いたい人
  • 背面と前面を好きなデザインで主張したい人
  • スマホケースに収納が欲しい人
  • スマホの前面も保護したい人

 

・・・という感じでしょうか?

ネットで買うのと実際に見るのは全然印象が違うので、手帳型スマホケースを買うときは実際に店舗に行って見てみるのがオススメです。僕もそれで一度失敗して、即お蔵入りになった経験があるので(^^;)笑

【追記】個人的にお気に入りの手帳型スマホケースは革製じゃなくて「プラスチック」のヤツ!

僕は手帳型のスマホケースを3年以上使っていますが、そんな中で1つの結論が出ました。

それは「プラスチックの手帳型スマホケースが最強!」という結論です。

理由は色々ありますが、主に2つの理由で気に入っています。

  1. 買った時の「イメージと違う」が少ない
  2. 購入後の劣化が少ない

それぞれ以下で説明します。

理由1. 買った時の「イメージと違う」が少ない(革製は写真を”盛ってる”場合がある)

スマホケースを買うときに実物を見て買える人は少ないと思います。だいたいはネットで写真のみを見て、通販で買う人がほとんどではないでしょうか?

店舗で実物を見に言った場合でも、「ケースに入っていてよく分からない」っていうパターンが結構あるんですよね。

それで結局、失敗する事が多いです。

 

それに比べ、プラスチックの手帳型スマホケースは「イメージと違う」となることが少ない印象です。というか革製(とか合皮)の手帳型ケースの当たり外れが大きすぎるんですよね。

僕が今使っているGalaxy S7 edgeのケースはコレです。プラスチックのやつです。ネットで見た写真と実物の差がなく、手に持った瞬間から超満足してます。

プラスチックのケースに比べて革製のケースは「当たり」の見極めが難しいです。それこそ10万円以上する様な有名ブランドのものじゃないと、いいものはないかも知れません。

 

ああ!あと、プラスチック製の手帳型スマホケースは「スッキリ薄型」なのも嬉しいですね。革製のやつは分厚くてモッサリしたのが多い印象です。

理由2. 購入後の劣化が少ない

プラスチックのケースは購入後の劣化が少ないです。あっても「欠けた」とか「キズが付いた」という、想像が付くレベル。

それに対して革製のケースはとんでもない劣化をしてくる可能性があります。

  • 色が汚くなった
  • 革(合皮)が破れて中身の厚紙が出てきた

などなど、「もう使えない」レベルで劣化するパターンが少なくないです。

革製は手入れをすれば長持ちするのかも知れませんが、僕は面倒臭くなってしまうのでやっぱいり向いてないみたいです。

純正の手帳型スマホケース(プラスチック)があれば最高

・・・と、手帳型スマホケースのプラスチック製を激推ししていますが、実はもう1つ大切な条件があります。それは「純正のスマホケース」であることです。

純正のスマホケースはだいたい高クオリティに作られている為に、信頼がおける場合が多いです。一方で非純正のスマホケースはピンキリで、やはり買ってみないと分からない部分もあります。

できればiPhoneなんかも純正の手帳型スマホケースのプラスチック製を出して欲しいんですが、今のところないみたいですね・・・。

 

プラスチック製の手帳型スマホケースはまだまだメジャーではありません。ただしこれからどんどん増えてくる可能性はあります。

上の画像の様に「ケースのフタを閉めた状態でも簡単な操作ができる」というメリットをiPhoneが純正ケースに採用すれば、一気に認知度が上がって他のメーカーも追随するでしょうね。そうなって欲しいのですが。笑

(ただし、Galaxy S7 edgeの純正ケースの上の画像の機能はまだあまり使いやすくありません。これから良くなる機能ですね)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-その他, スマホケース

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.