Apple Payは日本の自動改札には不適格!処理遅すぎでsuicaは安泰の模様

Apple Payは日本の自動改札には不適格!処理遅すぎでsuicaは安泰の模様

スクリーンショット 2016-03-06 08.02.04

おじさんです。

Appleが提供を始めた「Apple Pay」という決済サービスがあります。iPhoneを世界に広めたAppleですから、このApple Payにも相当な期待が寄せられています。特におサイフケータイの使えなかった日本のiPhoneユーザーにとってはその期待もひとしおなのではないでしょうか?

日本での電子決済サービスの使い道・・・と言えば、ショッピングの他にもある重要なものがあります。それは、電車の自動改札です。

ApplePayも自動改札に対応するのでしょうか?

スポンサーリンク

自動改札を電子決済で通る快感

自動改札を初めて電子決済で通った時は衝撃を受けました。電車の自動改札を電子決済で通る快感を味わうと、もう二度と改札で紙の切符を買う気はなくなります。

目的地までの金額を調べる為に頭上の路線図と睨めっこする必要もないし、間違えて高い切符を買う可能性もゼロです。切符を買う為に並ぶ必要もないし、紙の切符より金額が(数円単位ですが)安くなる事があります。

ですから「電車に乗るのに電子決済はいらない」と思っている人は一度でいいから試してみて下さい。その便利さに驚くはずです。

AndroidユーザーとiPhoneユーザーの通勤事情

現在では、電車を使うほとんどのサラリーマンが電子決済を利用しているはずです。正確な割合は分かりませんが、紙の切符を買う人はごく少数に見えます。

自動改札を通る為の電子決済サービスは「交通系」と呼ばれ、地域によって名称が異なります。

例えば東京では「suica」となっています。名古屋では「manaca」です。

これらはおサイフケータイに対応している為、Androidユーザーであれば「普段使っているスマホを自動改札にかざすだけ」で簡単に改札を通る事ができます。

しかしiPhoneユーザーはそれが出来ません。おサイフケータイに対応していない為、交通系決済サービスのカードを買って、それにチャージをする必要があります。

ですから自動改札を通るときは、カードの入ったサイフをかざしたり、カードを収納したiPhoneケースをかざしたりします。

ApplePayで自動改札を通るとどうなる?

ApplePayで日本の自動改札を通れたら、日本のiPhoneユーザーにとっては朗報です。

しかし、現状はまだそうとも言えない様です。

上の動画では、ロンドンの地下鉄でApplePayを使用して自動改札を通る実験をしていますが、なんと自動改札を通る為にかかった時間は約5秒!

通勤ラッシュの駅では到底使える速度ではありません。恐らく後ろの人からブーイングが出ます。5秒というのはイライラするほどに遅い。通常の改札で切符を渡すよりも遅いです。

ちなみに日本の自動改札では「0.1秒以下」の処理時間を基準としています。

この状態のApplePayでは、自動改札で使う事はできません。もしも使うのであれば、ApplePay専用の改札が必要になるでしょう。

もちろん、ApplePayの価値は自動改札で使う事にはないでしょうから、揚げ足取りの様な気もします。ただ、日本のユーザーとしては気になるところでした。

スポンサーリンク