iOS11でアプリが使えなくなる!自分のiPhoneにインストールされた32ビットのアプリを調べる方法

投稿日:

Twin Design / Shutterstock.com

スポンサーリンク

2017年9月20日(日本時間)にリリースされるiOSでは、一部のアプリが使用できなくなります。

その「iOS11で使用できなくなるアプリ」が自分のiPhoneにインストールされているかを調べる方法がありますので、以下でご紹介します。

iOS11では「32ビット」のアプリが使えなくなる

意味はよく分かっていませんが、iOS11では32ビットのアプリが使えなくなります。

iOS11で使えるのは64ビットのアプリとなります。ちなみに32ビットのアプリに対してはiOS10の時代から起動時に警告が表示されていた様で、恐らくほとんどのアプリに関してはすでに64ビットへの対策済みだと思われます(更新放置のアプリは別です)。

自分のiPhoneにインストールされた32ビットのアプリを調べる方法

自分のiPhoneに32ビットのアプリがインストールされているかどうかは、以下の方法で調べる事が出来ます。

※iPhoneにインストールされたOSがiOS10.3である必要があります。

 

まずはiPhoneの「設定」を開きます。

 

「一般」を開きます。

 

「情報」を開きます。

 

「App」の右にある数字の更に右に、「>」の記号がなければ32ビットのアプリがインストールされていない事を意味しています。「>」が表示されている場合、タップすると32ビットのアプリが表示されます。

僕の場合は、インストールしてある63個のアプリ全てが64ビットだった様で、「>」は表示されず、タップしても表示が変わりませんでした。

32ビットのアプリは今後使えないの?

今後リリースされるiOSで32ビットのアプリが使えることはないと思われます。現在32ビットのアプリに関しては、アプリをリリースした人がアップデートをするのを待つしかありません。恐らく未だに32ビットのままのアプリは、長い間更新が止まったアプリだと思われます。

【関連】iOS11へのアップデートの仕方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPhone

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.