iPhone7 REDと普通のiPhone7の違い(スペック・価格など)

おじさんです。

先月(2017年3月)、iPhone7 REDが発売されました。

最近ちょっとiPhoneが気になっている(欲しい)ので、新しく発売されたiPhone7 REDも視野に入れて検討してみたいと思います。

一番気になるのは「スペックに変更があるのか?」ということなのですが・・・。

スポンサーリンク

iPhone7 REDが発売!赤いiPhone!

2017年3月、新しいiPhone7として「iPhone 7 (PRODUCT)RED™ Special Edition」が発売されました(以下iPhone7 RED)。

このiPhoneの購入金額の一部は、HIV/AIDSプログラムの資金として「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付され、AIDSの感染者がいない世代を誕生させるために役立てられます。

(引用・Apple

iPhone7 REDの購入金額の一部は上にある様に、エイズ撲滅の為の基金に寄付される様ですね。

コンセプトのある商品で、「ただ単に新色が出た」という事ではない様です。

従来のiPhone7とスペックなどに違いはあるの?

従来のiPhone7は2016年9月に発売されています。

そして今回のiPhone7 REDは2017年3月の発売と、実に半年後の発売となっています。ということは「スペック的な違いがあるのでは?」と期待してしまいます。

ですが実は、従来のiPhone7とiPhone7 REDの間にスペックの違いはありません。あるとすれば、iPhone7 REDは「メモリ64GBのバージョンがない」という事くらいです。128GBと256GBのバージョンはあるので、差別化になる部分ではありません。

iPhone7Redはエイズ撲滅の為の基金というコンセプト、という差別化はありますが、スペックの面の違いは全くない様です。

ちなみに価格は、従来のiPhone7と全く同じです。

iPhone7 REDは買いか?

iPhone7 REDと従来のiPhone7との違いは以下の2つです。

  • 真っ赤なカラーリング
  • エイズ撲滅の為の基金に寄付(売上げの一部)

このどちらかに意味を感じるのであれば、iPhone7 REDを買う価値はあります。

しかしそうでないのなら、普通のiPhone7から選んでもいいでしょう(募金はそれ単体でも出来そうです)。

個人的にはiPhone7 REDに「なんとなくのプレミアム感」を感じていて、その為に「iPhone7を買うならレッドがいいかな?」とも思いました。なのですが・・・

iPhone7 REDは、ディスプレイ側が白いです。

僕はディスプレイ側は黒い方が好みなので、この時点で購入の可能性がなくなりました。

ディスプレイ側が黒かったら、iPhone7 REDを買っていたと思います(iPhone7を買う場合)。

スポンサーリンク