モバイルバッテリーの最強ランキング!おすすめの選び方と比較方法!【最新】

投稿日:

3dman_eu / Pixabay

スポンサーリンク

多くの人の必需品になっているスマホですが、それなら絶対にオススメしたいのがモバイルバッテリーです。スマホは当然充電がゼロになってしまったら使えないので、外出時にモバイルバッテリーを用意しておくのは必須です。

いざモバイルバッテリーを選ぼうとしても、いろいろ種類があってどれを買っていいか分からない・・・という方は多いと思います。

モバイルバッテリーってたくさんあってよく分からない・・・

そんな方の為に、今回はモバイルバッテリーの選び方と、モバイルバッテリーのオススメランキングをご紹介します!

モバイルバッテリー選びのポイント!あなたにあったモバイルバッテリーを選ぼう

モバイルバッテリーと一言に言っても、用途によって買うべきものが変わってきます。

例えば大容量がいいのか、それとも軽量タイプがいいのか、ということでも全然違ってきます。

以下ではモバイルバッテリーを購入するときに見るべきポイントについてまとめました。

軽量タイプか?大容量タイプか?

普段使うバッグでモバイルバッテリーの重量を決める

モバイルバッテリーを選ぶときにまず考える必要があるのはモバイルバッテリーの重量です。モバイルバッテリーには重さ100gを切るものから500g近いものまであります。

軽量タイプを選べば当然バッテリー容量は少なくなりますし、バッテリーが大容量のものを選べば当然重量は重たくなってきます。

  • バッテリー容量多い=重たい
  • バッテリー容量少ない=軽い

基本的にはこういう関係性になります。

僕が使っているモバイルバッテリーは重さ500g近くありますが、これは最重量クラスのモバイルバッテリーで、かなり重たいです。タブレットと同じくらいの重さ・・・と言ったら伝わるでしょうか?

僕はリュックを使っているので重さをデメリットとしてあまり感じないので大容量タイプにしましたが、ショルダーバッグや手提げバッグを使っているのなら200g以下の軽量タイプを選ぶのがオススメです。

  • 軽量タイプは100g前後(小さなスマホと同じくらい)
  • 標準タイプは200~300gくらい(大きなスマホくらい)
  • 重量タイプは最大500gくらい(タブレットと同じくらい)
  • ショルダーバッグや手提げバッグを使っている人は軽量タイプ~標準タイプ
  • リュックを使っているなら500gでもOK

まとめるとこんな感じです。

普段どんなバッグを使っているのか?を基準にモバイルバッテリーを選ぶのがオススメです。バッグを持ち歩かない人は超軽量のスティックタイプが向いています。

容量は基準は10,000mAh。ヘビーユーザーならそれより重くする

モバイルバッテリーを選ぶときはバッテリー容量について必ず考える必要があります。

もしも自分の用途に合わないモバイルバッテリーを選んでしまうと、あとから「バッテリー容量が少なかった」と困ることにもなってしまいます。

基本的バッテリー容量は多くて困ることはありませんが、バッテリー容量が多いとそれに比例して重量も重くなってくるので、そこは「どっちを取るか」という問題になってきます。

自分に必要なバッテリー容量を知る材料になるのが、一般的なスマホやタブレットのバッテリー容量です。

だいたいですが、スマホは3,000mAh前後のバッテリー容量で、タブレットは8,000mAh程度のバッテリー容量があります。

ですから、例えば5,000mAhのモバイルバッテリーを購入した場合、スマホは1.5回程度の満充電、タブレットは1回の満充電にも届かない・・・ということになります。

最近のモバイルバッテリーは最低でも3,000mAh程度、多いと20,000mAhを越える容量となっています。

なので1日分のスマホの充電のみであれば3,000mAh程度の軽量タイプでも十分なのですが、スマホの使用頻度が高かったり、タブレットの充電をするのであれば3,000mAhでは足りません。

個人的には10,000mAh程度のモバイルバッテリーが容量的にも重量的にも一番バランスが取れていると思います。

特にこだわりがなければ10,000mAh程度のモバイルバッテリーの購入をオススメします。重量的には、200g前後(大きなスマホくらい)なので大したことはありません。

USBポートの数(同時に充電できる台数)

モバイルバッテリーによってUSBポートの数は異なってくるので、購入するモバイルバッテリーがいくつのUSBポートを備えているのかは知っておく必要があります。

USBポートの数は少なくて1つ、標準で2つ、多くて3つ、という感じです。

バランスが良いのはUSBポートが2つのタイプです。

1つだとポートが足らなくて困ることもありますし、逆に3ポート使う機会はあまりありません。

バッテリーは「充電タイプ」を選ぶ

モバイルバッテリーには「充電タイプ」と「乾電池タイプ」の二種類がありますが、特に理由がないのであれば充電タイプを購入するようにしましょう。

充電タイプはモバイルバッテリーに直接充電ができるタイプで、乾電池タイプは乾電池を入れ替えて充電するタイプになります。

いちいち出し入れするのが面倒な乾電池タイプにはほとんどメリットがありません。バッテリータイプに比べて、乾電池分だけ割高にもなります。

コンビニなどではまだ乾電池タイプもありますが、特に理由がなければ充電タイプのモバイルバッテリーを選ぶようにしましょう。

モバイルバッテリーのオススメメーカーはAnchor(アンカー)!

モバイルバッテリーのメーカーはたくさんあります。

  • Anchor(アンカー)
  • cheero(チーロ)
  • RAVPower(ラブパワー)
  • エレコム

など、このあたりが有名どころかと思いますが、ぼくのオススメはAnchorです。

Anchorというメーカーを知らない人もいると思うのですが、実はモバイルバッテリー界のトップメーカーです。

Googleの元社員が起業して作ったのがAnchorという会社なのですが、その品質の高さからあれよあれよという間に地位を確立し、2018年上半期のAmazonランキング(バッテリー部門)で1~3位を独占するほどになっています。

高品質ですが価格もお手頃で、しかも18ヶ月の保証付きとなれば、Anchorを選ばない理由はないです。ぼくはAnchorを知って以来、モバイルバッテリーや充電器、充電ケーブルはほとんどAnchorで揃えています。

おすすめのモバイルバッテリーランキング!

以下では用途別にモバイルバッテリーのランキングを作成しました。

ご自身の用途にあったモバイルバッテリーを探してみてください。

特にこだわりがないなら絶対コレ!最強のモバイルバッテリー

  • 【容量】10,000mAh
  • 【重量】180g
  • 【USBポート数】1
  • 【最大出力】2.4mAh

んな用途でも万能に使えるモバイルバッテリーならコレです。Amazonランキングでは1位の常連で、しかも18ヶ月保証のAnchor製。

スマホの充電が3回できる10,000mAhで、タブレットの充電にも使えます。

さらに180gと軽量タイプ並みの軽さ。

しかも安い

迷ったらコレがオススメです。一番バランスが良いモバイルバッテリーです。重くても超高性能がいい、とかとにかく軽くて小さいのが欲しい、とかでなければコレで決定です。

軽量タイプ(100g前後)のモバイルバッテリー【5,000mAh以下】

3位 Anker PowerCore Slim 5000

  • 【容量】5,000mAh
  • 【重量】118g
  • 【USBポート数】1
  • 【最大出力】2A

特徴はその薄さです。

普通のモバイルバッテリーはゴツっとぶ厚いものが多いのですが、このモバイルバッテリーは板の様に薄いです。

カバンの形状によっては薄いモバイルバッテリーの方が扱いやすいかと思うので、そういう場合は特にオススメです。

118gの軽量タイプですが5,000mAhのバッテリー容量があるのもポイント高いですね。

2位 Anker PowerCore Fusion 5000

  • 【容量】5,000mAh
  • 【重量】189g
  • 【USBポート数】2
  • 【最大出力】2.1A

これは軽量タイプに入れようか迷ったのですが、オススメの機種なので紹介します。

このモバイルバッテリーの特徴はなんと言っても2in1充電器とモバイルバッテリーの2つの機能を備えているということです。

通常はモバイルバッテリーを充電するための充電器が必要になるのですが、このモバイルバッテリーにはコンセントが付いており、直接充電が可能となっています。

使い勝手の良さからAmazonランキングでも上位に位置しており、オススメできるモバイルバッテリーです。

1位 Anker PowerCore+ mini

  • 【容量】3,350mAh
  • 【重量】85g
  • 【USBポート数】1
  • 【最大出力】1A

軽量タイプの1位はコレです!

やっぱりせっかく軽量タイプを選ぶならこれくらい突き抜けてないとダメかも知れません。85gの超軽量で、3,350mAhとスマホ1回分のバッテリー容量を備えています。

この丸っこいフォルムがオシャレな感じもしますね。特に女性から支持されそうなモバイルバッテリーです。

標準タイプ(200g前後)のモバイルバッテリー【10,000mAh以上】

3位 Anker PowerCore 13000

  • 【容量】13,000mAh
  • 【重量】255g
  • 【USBポート数】2
  • 【最大出力】2.4mAh

2ポートのモバイルバッテリーで軽めのものが欲しかったらコレがオススメです。

値段がお手頃なのも嬉しいですね。かなりバランスいいと思います。

ちょっと重めですが、大きめサイズのスマホくらいなので問題ないかと!

2位 Anker PowerCore II Slim 10000

  • 【容量】10,000mAh
  • 【重量】210g
  • 【USBポート数】1
  • 【最大出力】3A

スマホと重ねて持っても違和感のない薄さに作られた薄型モバイルバッテリー。だいたいiPhone2つ分くらいの厚さで、大きさはiPhoneとほぼ同じ。

PowerIQ2.0というAnchor独自の充電技術(接続された機器を自動判定して急速充電する)が搭載されているのも特徴です。

1位 Anker PowerCore 10000

  • 【容量】10,000mAh
  • 【重量】180g
  • 【USBポート数】1
  • 【最大出力】2.4mAh

総合ランキングで1位に選んだモバイルバッテリーなので、重量別でも当然1位です!

これだけバランスの良いモバイルバッテリーは他にないかも知れないですね。とにかくオススメ。

ただ1つのネックはUSBポートが1つということ。もしも2ポート必要であれば3位のAnker PowerCore 13000がオススメです。

重量タイプ(300~500g程度)のモバイルバッテリー【20,000mAh以上】

3位 Anker PowerCore Elite 20000

  • 【容量】20,000mAh
  • 【重量】380g
  • 【USBポート数】3
  • 【最大出力】2A

2位 Anker PowerCore II 20000

  • 【容量】20,000mAh
  • 【重量】369
  • 【USBポート数】
  • 【最大出力】

1位 Anker PowerCore+ 26800 PD

  • 【容量】26,800mAh
  • 【重量】580g
  • 【USBポート数】3
  • 【最大出力】3A・」30W

圧倒的なハイスペックモバイルバッテリー。

バッテリー容量も充電スピードも文句ナシです。

最大30W出力のUSB-Cポートを1つ搭載しており、対応したノートパソコンへの充電が可能となっています。MacBookなんかも充電できちゃいます。

ぼく的にはモバイルバッテリーが重たいのは問題ないので、次に買うならコレかな~って感じです。

高スペックすぎて輝いて見えますw ぼくが次にモバイルバッテリー買うならコレですね!

ただし高スペックに見合った高価格なので、無理してこれにする必要もないですw ぼくは経済的に今は買えないです。買える人がうらやましいw

まとめ

スマホを使っているならモバイルバッテリーは必須です。最近はモバイルバッテリー以外にもタブレットやデジカメなど、モバイルバッテリーで充電可能なものが多くなっていますので更に便利さが増しています。

MacBookなどのノートパソコンが充電可能なモバイルバッテリーも発売されていますから、ますます用途は広がって行きそうですね。

1つだけではくて、用途によっていくつかのモバイルバッテリーを持っておくのもアリだと思います。僕はなんだかんだで3つくらい持っています・・・w

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-モバイルバッテリー

Copyright© すまおじ.com , 2018 All Rights Reserved.