電車でポケモンGOプラスは使えるのか?メリットとデメリットは?

電車でポケモンGOプラスは使えるのか?メリットとデメリットは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-10-14-33

おじさんです!

普段は電車に乗ることがないのですが、先日病院に行く為に久し振りの電車に乗りました。なので「これは試すしかない・・・!」と思い、ポケモンGOプラスを使用してみました。

なかなか電車の中でスマホを起動してポケモンGOをプレイする・・・というのも勇気が出なかったのですが、手元でポチポチと操作できるポケモンGOプラスなら楽勝でプレイ出来ます!

以下でその顛末をご紹介致します。

スポンサーリンク

ポケモンGOプラスを電車内で使ってみた!プレイはできた?

ポケモンGOプラスは電車内でも使用する事が出来ました。

電車は当然高速で移動します。位置情報も高速で移動するので、それによって時速制限のメッセージが表示されるのかな?と思ったのですが、今回は表示されなかった様です(スマホの画面は見ていなかったですが、プレイが止まらなかった事と、降車後に確認したスマホの画面にメッセージがなかったことで判断しています)。

ただし「しばらく振動がない」という時間もありました。これは恐らく「スマホの電波が届かないエリア」だったのではないかと思います。

「しばらく振動がない」という状態が続いたあと(多分2〜3分?)、また振動を繰り返す様になりました。

ポケモンGOプラスを電車内で使うメリット

① ポケモンがかなりのペースで出現する

今回電車内でポケモンGOプラスを使ってみた限りでは、時速制限によるプレイの中断はありませんでした。

その為、高速で移動する電車ではかなりのペースでポケモンが出現します。「さっき出現したと思ったら、また・・・」という感じで、だいたい1分に数回のペースでポケモンGOプラスがバイブします。

僕は片道30分の電車に乗っていたのですが、50回を超えるイベントがありました(ポケモンとの遭遇&ポケストップ)。ポケモンGOプラスでは普通のモンスターボールしか使えないのでポケモンに逃げられる事も多いのですが、それでも半分くらいは捕獲出来たと思います。

② ポケストップにたくさん立ち寄れる

電車の駅近くにはポケストップが多く存在します。また、駅と駅の間にもポケストップはたくさんあります。

なので電車に乗っている時にもたくさんのポケストップに立ち寄る事ができ、アイテムもかなり手に入ります。

ですがたまに「ポケストップから遠く離れてしまったのでゲットできない」という事が起こります。基本的には「振動したらすぐにボタンを押す」しかありません。

それでもダメだった分に関しては諦めましょう。

③ 混雑する電車内でも使用OK

混雑する電車内でポケモンGOをプレイするのは結構勇気がいる事だと思います。

ギュウギュウ詰めの社内でスマホを取り出して、しかもポケモンGOをプレイする・・・というのは、場合によっては白い目で見られる事もありそうです。

しかしポケモンGOプラスであれば「ボタンを押すだけ」でプレイが可能なので、人の目を気にする事もありません。

思う存分ポチポチしてOKです。

ポケモンGOプラスを電車内で使うデメリット

① 周りから怪しく思われる可能性も?

ポケモンGOプラスをどこに装着するか、にもよるのですが、場所によっては社内でかなり目立つ可能性があります。

ポケモンGOプラスは振動時にランプがピカピカ光る様になっているので、装着の仕方によっては「ポケモンGOやってる」のがモロバレします。

batch_2016-09-28-15-51-37

僕は上の画像の様に「握り込んだらボタンをタップできる」という形でプレイしているのですが、つり革に掴まろうとするとどうしてもランプ部分が露出してしまいます。なので、ずっとズボンのポケットの中でプレイをしていました。

本当に、場合によっては女性から詰め寄られる様な誤解を受ける可能性もないとは言えないので、周りの状況を見ながらプレイする事が必要になるかも知れません。

② 電波が届かない事がある

地下鉄の車内などでは、スマホに電波が届かない事もあります。もちろん、電波が届かなければポケモンGOをプレイすることは出来ません。

モバイルデータ通信ではなくてモバイルルーターを使用している場合は更に電波の具合が悪くなりがちです(最近のスマホの電波は地下鉄でも普通に届いたりします)。

基本的には電車×ポケモンGOプラスはアリ

とまあ色々と「ポケモンGOプラス×電車」のメリットデメリットなど書いてきたのですが、基本的にはメリットの方が大きいです。例えば「読書をしながらポケモンGOプラス」なんてことも出来ちゃいます。振動に条件反射してボタンを押すだけでプレイが可能なので、「ながらポケモンGO」が容易に出来ます。

「ポケモンGOにそんなに時間をかけられない」という人はまずポケモンGOプラスから始めてみるのもいいかも知れないですね。「ながらプレイ」が本当に捗ります。

電車を降りて「ぼうけんノート」を開いてポケモン捕獲の成果を見る瞬間が、かなりドキドキでテンションが上がります。まあ、だいたい「ラッタ」か「ポッポ」なんですが・・・。

スポンサーリンク