スマホバッテリーの寿命を長持ちさせ、劣化防止する方法

スマホバッテリーの寿命を長持ちさせ、劣化防止する方法

200293

おじさんです。

スマホのバッテリーは消耗品です。いつまでも同じ性能のまま・・・という訳にはいきません。バッテリーには寿命があるのです。

そして、そのバッテリーの寿命を早めてしまう行為もあります。

以下の事「スマホのバッテリーの寿命を縮めてしまう行為」と言われていますので、参考にされて下さい。

スポンサーリンク

スマホのバッテリーの寿命を早めてしまう行為

①充電が100%になっても充電し続ける行為

スマホのバッテリーには「充電出来る上限」の様なものがあると言われています。

例えばこれは500回だとか2,000回だとか言われています。

100%の充電になったままで、それでも充電ケーブルを挿しっぱなしにしていると、それが99%になった途端にまた充電されて100%になって・・・と、「充電出来る上限を何回も使っている状態」になってしまう、そうです。

どんな状況にこれが当たるのか?というと、代表的なところで言えば「寝る前の充電」でしょう。集計したことなんてありませんが、かなりの割合の人が、充電をしたままで寝てしまうのではないでしょうか?

実はこれは、バッテリーにとってはあまり良くない事らしいのです。

②充電が0%になる前に充電する行為

スマホのバッテリーは0%になってから充電するのが一番良い、とよく言われます。

ただしこれは逆の話もありました。

バッテリーを0%の状態にするのは「過放電」と言い、あまり良くない事なのだそうです。

果たしてこれはどっちが正しいのでしょうか?

ちょっと微妙なところがあります。

③高温・低温の状態にすること

バッテリーを高温、低温の状態にする事は良くないそうです。

なぜならバッテリーの性能を劣化される事に繋がるからです。

ですから、真夏の暑い日に直射日光を浴びながら充電する事は最悪です。少なくとも風通しを良くして、日陰に移動させて充電をする様にしましょう。

④操作をしながら充電をすること

特にゲームなどをすると、スマホは非常に熱くなります。

その状態で充電する事は、③の「高温」の状態に当てはまってしまいます。

出来るだけ「操作をしながら充電をする」という事は避けた方が良さそうです。

まとめ・バッテリーを長持ちさせる方法は?

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法は、諸説あって分からないところがあります。

ちょっと気にしすぎな話なのかも知れません。

調べた限りでは、信じて良さそうなのは③と④です。

つまり「高温と低温」に関する話です。

これがスマホのバッテリーに影響を与えるのは間違いなさそうなので、気を付けるに越した事はありません。

スマホのバッテリーはだいたい500〜2,000回の充電をした辺りから劣化が始まるそうです。

随分開きのある数字ですが、となると1年〜5年くらいは普通に使っていても劣化がない、という事になります。

個人的な経験で言えば、何も一切気にする事なくスマホを使用して、だいたい2年は使いますがそれでもバッテリーの劣化を感じた事はありません。

熱には気を付けるべきでしょうが、0%にしない方がいい、だとか100%の充電はやめた方がいい、という事は、スマホを2年以上使いたい人以外は気にしなくてもいい気がします。

ちなみに僕の今持っているスマホで一番古いものは3年前のものになりますが、未だにWi-Fi専用機として現役です。

スポンサーリンク