スマホのデータ使用量(通信量)を節約する方法

スマホのデータ使用量(通信量)を節約する方法

スクリーンショット 2015-12-11 17.47.08

おじさんです。

今回は「スマホのデータ使用量(通信量)を節約する方法」についてご紹介します。

スマホのモバイルデータ通信には使える上限があり、それをオーバーすると厳しい通信制限に遭うことになります。

こうなるともうネットすら満足にできない状況になります。

その事態を避ける為に、普段から通信量の節約をしておく様にしましょう。

スポンサーリンク

スマホのデータ使用量(通信量)を節約する方法

節約法① できるだけWi-Fiを使う

スクリーンショット 2015-12-11 17.05.18

Wi-Fiが使える状況であれば出来るだけWi-Fiを使い、モバイルデータ通信の使用を控える事が一番の節約に繋がります。

専用のモバイルWi-Fiなどを契約するまでの必要がありませんが、少なくとも家にいる時はWi-Fiの電波を使いたいものです。

家の回線が有線しかない場合でも、ルーターを購入し無線LANの環境を整える事が、後々の利便性にも繋がってくるかと思います。

タブレットや、回線契約を外した昔のスマホなどもWi-Fiに繋げればネットが出来るので、非常に便利です。

節約法② スマホで動画は見ない

スクリーンショット 2015-12-11 17.41.20

スマホで動画を見ると、とんでもない通信量を使ってしまいます。

数時間使うだけで1GBの通信量は楽に超えてきますので、例えばHuluなどの動画サービスを見るにはWi-Fiが必須となってきます。

たまにはWi-Fiの環境がない時に動画を見たくなる事もあるかも知れませんが、その際も「YouTubeの数分の動画」に留めておき、動画の画質も低く設定しておきましょう。

節約法③ アプリの設定を「Wi-Fi接続時のみ」にする

アプリによってはバックグラウンドで同期の作業をしているものもあります。

そういったアプリをモバイルデータ通信でも動く様にしておくと大変です。知らないうちに通信制限に引っかかってしまうことになります。

DropBoxやEvernoteなどは、モバイルデータ通信ではデータの同期を行わない「Wi-Fi接続時のみ」という設定があります。

スクリーンショット 2015-12-11 17.35.43

スクリーンショット 2015-12-11 17.35.54

こういった設定のあるものは、必ず「Wi-Fiのみ」にしておきましょう。

節約法④ テザリングは極力しない

スクリーンショット 2015-12-11 17.42.38

テザリングというのは、スマホのモバイルデータ通信を使って、パソコンなどの機器もデータ通信が出来る様にすることです。

これをすると、スマホのデータ通信に加えてパソコンなどの端末のデータ通信量が余分にかかって来る事になります。当然、通信制限がかかる可能性が高くなってきますので、極力やめるようにしましょう。

スポンサーリンク