三菱東京UFJ銀行・ワンタイムパスワードの設定方法(振込時の使い方も)

投稿日:

スポンサーリンク

三菱東京UFJ銀行で振込などを行う場合、ワンタイムパスワードが必要になる事があります。

ワンタイムパスワードはスマホアプリを使って設定をしておかないと使う事が出来ません。

ワンタイムパスワードの設定方法は以下をご参照下さい。

スマホアプリだけで振込をする事もできます。とっても便利!

東京三菱UFJ銀行は2018年4月1日に「三菱UFJ銀行」に行名変更します

東京三菱UFJ銀行のワンタイムパスワード設定方法

東京三菱UFJ銀行のワンタイムパスワードは、スマホアプリを使って設定をします。

ワンタイムパスワード自体がスマホアプリから取得するものなので、アプリのインストールは必須となります。

東京三菱UFJ銀行スマホアプリ

iPhone版かAndroid版、いずれかのスマホアプリをインストールして下さい。

以下ではiPhone版のアプリを使っています。

 

東京三菱UFJ銀行のスマホアプリをインストールしたら、以下の設定に進んで下さい。

インストールした三菱UFJ銀行のスマホアプリを開きます。

 

「アプリを利用する」をタップします。

 

「ご利用条件」を読み、「OK」をタップします。

 

「ご契約番号」と「IBログインパスワード」を入力し、「ログイン」をタップします。

 

左下の「三」をタップします

ここが鬼門!分かりにくいデザインで、メニューを展開する為のボタンだと気付きにくかったりします。

 

「ワンタイムパスワード利用登録」をタップします。

ちなみにこの「ワンタイムパスワード利用登録」の文字は、ワンタイムパスワード設定後も表示され続けます。

 

「次へ」をタップします。

 

「注意事項」と「三菱UFJダイレクト利用規定(抜粋)」の2つをタップし、内容を確認します。

2つの内容を確認するまで、下のボタンが押せません!

 

「ワンタイムパスワード利用登録開始」をタップします。

 

設定用番号を自動音声で確認します。

僕は直前に自動音声を聞いてしまっているので、この画面はあなたの見ているものとは違うかも知れません。申し訳ありません。自動音声の確認に進める項目をタップして下さい。

 

電話番号の選択をします。

選択した電話番号に、自動音声での案内がかかってきます。

 

「OK」をタップします。

 

自動音声で伝えられた設定用番号を入力し、「利用登録」をタップします。

 

これでワンタイムパスワードが使える状態になりました。

お疲れ様でした!

機種変更したらワンタイムパスワードは再設定が必要

三菱UFJ銀行のワンタイムパスワードは、新しいスマホに機種変更した場合、その新しいスマホでの再設定が必要となります。

その際の手順も、上で説明した手順と同じです(僕は上の手順を、新しいスマホでの再設定時に行っています)。

ワンタイムパスワードを表示する方法

パソコンから振込をしようすると、ワンタイムパスワードを要求される場面があります。

その時に、スマホアプリでワンタイムパスワードを呼び出すワケです!

でもこのアプリ、ワンタイムパスワードをどこから呼び出したらいいのか、分かりにくいんですよね・・・。

 

なんと!めちゃくちゃ分かりにくいのですが、東京三菱UFJ銀行のスマホアプリを使ってワンタイムパスワードを取得する際、ログアウトした状態である必要があるのです。

普通はログインが必要だと思うよね

 

なのでまず、ログイン状態の場合はログアウトをしましょう。

スマホアプリでログインをした状態で、右上にある「ログアウト」をタップします。

 

ログアウトの確認が表示されるので「OK」をタップします。

 

ログアウトをした状態で、「ワンタイムパスワードを表示する」をタップします。

 

無事にワンタイムパスワードが表示されました!

スマホアプリから振込すればワンタイムパスワードは必要ない!

ちなみに今回インストールした三菱東京UFJ銀行のスマホアプリを使えば、ワンタイムパスワードなしで振込が出来ます。

正確には、ワンタイムパスワードをアプリが自動で入力してくれる、ということですね。

イマドキはなんでもスマホで完結する時代!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-ウェブサービス

Copyright© すまおじ.com , 2018 All Rights Reserved.