YouTube動画がカクカク遅い!4つの解消方法を紹介

YouTube動画がカクカク遅い!4つの解消方法を紹介

スクリーンショット 2016-03-06 16.20.51

おじさんです。

今回は「YouTubeの動画がカクカク遅い時の解消方法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

YouTube動画がカクカクする?!

YouTubeを見ていると、まれに動画がカクカクする事があります。

プツプツと途切れる様に映ったり、音も途切れたりするのです。

これってどういう原因なのでしょうか?以下にまとめてみました。

YouTube動画がカクカク遅い時の原因と解消方法

YouTube動画がカクカク遅い時の原因は以下の様に考えられます。それぞれに解消方法も添えて説明します。

①画質の設定を「4K」など高解像度にしている

YouTubeでは4K動画などの高品質動画にも対応してきましたが、それを再生するには「端末のスペック」や「回線の速度」などたくさんのものを要求します。

僕の場合、パソコンはそこそこのスペックがありますが、マンションの共同回線の為4K動画を見ることは難しいです。

環境によっては「HD」などの動画を見る事も難しいでしょう。

スクリーンショット 2016-03-06 16.10.58

動画にある歯車マークから画質の項目を選び、自分にあった画質に変更しましょう。上の画像で言えば、下に行くほど画質が悪く、再生は容易になってきます。

②パソコンやスマホなど、端末のスペックが低い

①で書きましたが、パソコンやスマホなど端末のスペックが低い事で動画に対応できない事があります。

③通信状態が悪い

これも①で書きましたが、使っている回線の通信状態が悪いと動画を上手く再生することができません。

④アップロードされた動画自体に問題がある

YouTubeの動画は投稿者がアップロードした動画です。

どの動画投稿のどこかの過程に問題があると、最適な形で動画がアップロードされません。

その不具合が「動画のカクつき」や「音声の途切れ」などの症状を引き起こす可能性があります。

他の動画を再生してみて再生に問題がなければ、その動画自体に問題がある可能性が高くなります。

⑤とりあえず再起動してみる

端末にキャッシュが溜まっていたり、電子機器は色んな原因で悲鳴を上げます。

なので「とりあえず再起動」というのも手です。

端末(PCやスマホ)と通信機器(ルーターなど)を再起動してみると、意外に直ってしまうところもあります。

以上が主な4つの原因となります。

YouTubeは基本的に動作の安定したサイトなので動画のカクつきに見舞われることは少ないですが、もしもカクついた時は上の4つの原因を探ってみましょう。

スポンサーリンク