AndroidとiPhoneを違いで比較!オススメはどっち?実際に乗り換えしてみて感じた事!

AndroidとiPhoneを違いで比較!オススメはどっち?実際に乗り換えしてみて感じた事!

スクリーンショット 2015-11-09 13.37.45

おじさんです。

僕は2年前までiPhoneユーザーでした。それ以降はずっとAndroidを使ってます。

今回は、そんな僕が感じる「AndroidとiPhoneの違い」について書いてみます。

スポンサーリンク

Androidについて言われがちな3大デメリット

日本のスマホユーザーはiPhone率が高いです。今でこそAndroidが盛り返してきましたが、特にスマホが出始めの頃は完全にiPhone一強状態でした。

そんなAndroid黎明期によく言われていたデメリットが以下の3つです。これは実際、僕もAndroidを使う前は思ってました。

では実際にはどうなのでしょうか?2年使って分かったその辺りの事を書いていきます。

①セキュリティがヤバいんじゃないの?

「Androidはアプリの審査がザルだからウイルスがたくさんばらまかれてる」

なんて言われることがありますが、僕が2年間使っている時には何の問題もありませんでした。普通に使っていて、特に何も気を付けず、それで何の危険もないです。

ただし、iPhoneと比べてセキュリティ面の不安があることは確かだと思います。Androidは自由な分だけ危険もあります。「運」とか「行動範囲」によってはウイルスに感染する恐れもあるかも知れないですね。

②動きがモッサリしてるんじゃないの?

「iPhoneはサクサク。Androidはモッサリ」

と良く言われます。

これは昔のAndroidの話だと思います。最近のAndroidはサクサクと機敏に動いてくれる事がほとんどです。印象としては「iPhoneはヌルヌル。Androidはパッパッ」って感じでしょうか?自分で言っていてもピンと来ませんが。笑

iPhoneは一つ一つの動作にアニメーションが挟まっていて「待っている、という気持ちにさせない」事に工夫がされていて、Androidはとにかく「パッパッ」とある意味で無機質に画面が表示される感じです。でもこれはホームアプリなんかで変わってくると思います。

ただ、何故かAndroidの端末は長い期間使っている内に動作が重くなってくる事があります。買い換えろという事なのでしょうか?笑

③ダサいデザインの端末しかないんじゃないの?

これはセンスの問題なのでなんとも言えないところがあります。

僕の主観で言えば、iPhoneのデザインはダントツ一番にカッコいいです。もう惚れ惚れするほどカッコいいです。僕の手元には昔使っていたiPhone5がまだ残っているのですが、今見てもめちゃくちゃかっこいいです。

Android端末は様々なメーカーから出されているので、それがカッコいいかどうかは個別に見るしかありません。

今まで使ったのは「GALAXYNOTE3」と「Xperia Z3 compact」なんですが、GALAXYNOTE3はめちゃくちゃかっこ悪かったです。ケースが必須です。裏の電池カバーを剥がすときのペリペリといいながら安っぽくしなるプラスチックの感じも嫌でした(使いやすい端末でしたが)。Xperia Z3 compactは特に不満のないデザインですね。まあまあかっちょいいです。

iPhoneのかっこよさに比べたら、他のAndroid機種はどれも見劣りしそうです。(ただ、iPhoneのデザインを丸パクりしているメーカーも出てきているみたいですが)

AndroidとiPhoneのメリット

この項では「AndroidとiPhoneのメリット」について書いてみます。

Androidのメリット

①とにかく自由

Androidはユーザーの好きなように、全てのをカスタマイズする事ができます。

ホーム画面のデザインはもちろん、ウィジェットを貼る事ができるのも大きな特徴でしょう。

アプリの多さも魅力です。iPhoneではやれない様な事も、Androidならやる事が出来ます。

iPhoneだけを使ってる時には感じない不自由ですが、一度Androidを使うとiPhoneに戻れない理由はこの辺にありそうです。

②多様な機種ラインナップ

iPhoneはiPhoneしかありません。Appleしか端末を作る事ができない為、その種類も限られてきます。

しかしAndroidは違います。さまざまなメーカーが参入し、それぞれに特徴のあるスマホを作っています。価値のあるスマホは限られてきますが、メーカー側が自由に創造する余地がある、という点では将来性も高いでしょう。

③おサイフケータイなどの日本独自機能がある

これもAndroidユーザーがiPhoneに乗り換えできない大きな理由の一つです。

おサイフケータイなどの日本独自機能はiPhoneには搭載されていないのです。フルセグなどもそうですね。

iPhoneを使っている時は「おサイフケータイ?全然必要ない!」と思ってたんですが、使ってみたら便利すぎてビビりました。ガラケーを使ってる時に「スマホ必要ない」って言ってる人たくさんいるじゃないですか。あんな感じの革命です。もうおサイフケータイには戻れません。

iPhoneのメリット

①サクサクとした動作が気持ちいい

iPhoneのメリットの大きなところはこれですね。「触っていて気持ちいい」ってところです。

これは単純に動作が速いって事もありますが、動作と動作の間のアニメーションが秀逸だと言うこともあります。しかし人によっては「アニメーションがジャマ」と感じる人もいそうです。実際に「酔う」と言っている人に会った事があります(省略できないアニメーションだった)。

②サポートが神

iPhoneはサポートが神です。とくに、アップルストアが行動範囲内にある人にとっては神です。とにかくサポートがすごいのです。ジーニアスバー(アップルストア内のサポートセンター的なところ)に行けば、その場でiPhoneを診断してくれて、多くの場合はその場で新しいiPhoneと交換してくれます。

これによって「故障してもアップルストアの人がなんとかしてくれる」という信頼感が生まれます。Androidの場合はまず、どこに行けば良いのか分かりません。行く場所が分かってもその場で交換はしてくれないでしょうね。めんどくさくなって機種変しちゃう人も多そうです。

③操作が分かりやすい

iPhoneにはAndroidの様な自由さはないですが、その分「迷う」事がありません。

Appleは製品を作るときに「説明書がなくても操作できる」ことを考えているそうで、実際その通り、説明書がなくても操作できるくらい直感的です。

複雑ではなくシンプルな作りになっているので、それはメリットと捉える事も出来ると思います。

Androidが向いている人と、iPhoneが向いている人

では最後に、Androidが向いている人とiPhoneが向いている人について、それぞれ見ていきましょう。

Androidが向いている人

  • 自由にカスタマイズしたい人
  • おサイフケータイなどの日本独自機能が必要な人

上記の人はAndroidに向いています。

「自分はシンプルに使いたい」という人も、問題なくAndroidを使う事は出来ます。

「自分はデジタル機器が苦手」という人には、操作をシンプルにするモードが用意されている機種もありますから、安心できると思います。

iPhoneが向いている人

  • Apple製品が好きな人
  • Macと連携したい人
  • 端末に身を委ねたい人
  • サポートが神である方がいい人

上記の人はiPhoneに向いています。

デジタル機器にうとい人がAndroidを使った時によく言うのが「Androidはすぐ壊れる」という事です。確かに、機種によっては「すぐにモッサリになる」など、寿命が短い印象はあります。

そういうイライラがより少なくすむのは、間違いなくiPhoneだと思われます。

まとめ

僕は結局これからもAndroidを使うと思います。iPhoneにする事によって使えない機能が多すぎるし、それが大きすぎるからです。

デザインやカメラの事を考えると断然iPhoneです。ですが総合的に判断すると、僕はAndroidを選択する事になります。

ちなみに僕はWindowsじゃなくてMacを使っているんですが、これは「Mac上でWindowsを起動できるから」という点が大きな判断材料になっています。もしもそれができなかったら・・・・?と思うと、ちょっと考えてしまいます。仕事上のアプリで、Windows版しか存在しないものはありますからね。

一番の理想は、iPhoneに「Androidのアプリも使用できる」という機能が搭載される事です。笑   そうしたら迷いなくiPhoneに戻るんですけどねえ・・・・。

スポンサーリンク