Androidのバージョンアップをする事のメリット・デメリット

Androidのバージョンアップをする事のメリット・デメリット

スクリーンショット 2015-11-12 23.06.21

おじさんです。

スマホにはソフトウェアというものが入っており、これは定期的にアップデートされていきます。本来であれば「アップデート=歓迎すること」なのですが、そうでない場合もあります。

以下でAndroidのソフトウェアをバージョンアップのする事のメリットデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

バージョンアップのメリット

メリット① 最新の機能を使う事が出来る

なんと言っても一番のメリットはこれ。特に「4→4.1」とか小さいアップデートではなくて「4→5」などの大きなアップデートでは、たくさんの機能が追加されます。分かりやすいところでは、見た目も大幅に変わります。

基本的には「よくなる様に」と前のバージョンの問題的を改善しているはずなので、慣れてしまえば使い勝手は良くなるはずです。

メリット② セキュリティ対策が強化される

スマホではセキュリティ対策は大切です。Androidでのソフトウェアアップデートでもセキュリティの強化はされています。

バージョンアップのデメリット

デメリット① 不具合のある可能性がある

新しいバージョンのソフトウェアは、まだ未知数の部分も多いです。思いも寄らない不具合が出てくる事もあります。

デメリット② アプリが対応していない可能性がある

ソフトウェアがアップデートすれば、アプリもそれに対応しなくてはいけません。多くのアプリはそのまま使えますが、中には問題の出るアプリもあります。更新のしっかりされるアプリであれば、少し待てば問題は解決されるでしょう。

デメリット③ スマホの動作が悪くなる可能性がある

最新のソフトウェアは最新のスマホに合わせて作られているところがあります。1年くらい前のスマホであれば問題なく動きますが、2年前のスマホだと分かりません。特に「4→5」などの、数字が変わる大きなアップデートだとなおさらです。

これは、ソフトウェアがスマホに要求する性能が上がる為です。

デメリットへの対策

一番効果的な対策は「アップデートを様子見する」という事です。早くにアップデートを望む人は必ずいますから、そう言った人のクチコミがネット上にあがるのを待ち、それを確認して大丈夫そうであればアップデートをしましょう。

ただし、アップデートをしないことでセキュリティ面の不安が出る可能性もあります。様子見はほどほどにして、いつかはアップデートをするのではないでしょうか。

スポンサーリンク