一ヶ月使ったApple Pencilの第二世代をレビュー!第一世代との違いは?

投稿日:

スポンサーリンク

先日iPad Pro 12.9インチを購入したのですが、その時一緒に購入したApple Pencil(第二世代)のレビューをしたいと思います。

ぼくはApple Pencil(第一世代)も使っているので、2つの違いなど比較していければと思います。参考になれば嬉しいです。

ちなみにiPad Pro 12.9(2018)では第一世代のApple Pencilは使えません。なのですでに第一世代のApple Pencilを持っていても、新しく買い直す必要があります。

(引用・https://www.apple.com/jp/apple-pencil/

Apple Pencil(第二世代)を1ヶ月使ってみてのレビュー・感想

Apple Pencilは第一世代から第二世代になって変わったところがいくつあります。

さすがAppleは抜かりない・・・という感じで、基本的にはプラスしかない変更になっていると思います。

マグネットでiPadにくっつくいて充電出来るのは◎!

ぼくが個人的に気になっていたのは、Apple PencilがiPadに磁力でくっつくという点です。

iPad Proの側面にApple Pencil(第二世代)の平ぺったいところがピタッとくっつくんですが、これが超便利!第一世代だと、ペアリングや充電をする際に充電ケーブルの挿し込み口にズドーンとApple Pencil挿す必要があったのですが、これがめちゃくちゃ不格好でカッコ悪かったのです。

Apple Pencil(第二世代)ではペンを使わないときに自然な動作でサクッと充電することができるため、ぼくのApple Pencilのバッテリー残量はいつでもほぼ100%です。

ペン置き場として機能するので、「充電できる&ペンがコロコロどこかに行くということがない」という、メリット大のポイントです!

マグネットの磁力はどれくらい強い?バッグの中でも外れない?

第一世代のApple Pencilを使っていたときは「しまう場所に困るなあ」と思っていました。専用の筆箱を使ったり、Apple Pencilを収納出来るケースを買ったりしていたのですが、理想はiPadに収納できることなんですよね・・・。まあこれは薄さの問題で難しいのかも。

そこで登場した第二世代のApple Pencil!

Apple PencilをiPadの側面にくっつければバッグの中でも外れずに持ち運びができる?

・・・と思って試してみたのですが、結論から言うと全然ダメでした。もともとそういう用途で作られてはいないみたいですね。あくまでiPadを使用している際の一時的なペン置き場という感じ(それでも十分便利!)。

Apple PencilはiPadにわりと強い磁力でパチッとくっつきますが、ぐいっと何かに押されれば簡単に外れます。

純正のカバーを一緒に購入したのですが、そのカバーを開こうとしたときに指が当たって外れるレベルなので、カバンの中で外れないことを期待するのは無謀ですね。外れてどこかに消えてしまいます。

ダブルタップで消しゴムの切替は微妙かも・・・

Apple Pencil(第二世代)の新機能として「ペンの側面をダブルタップすると機能の切替が行える」というものがあります。

例えば、ペン↔消しゴムの機能変更やカラーパレットの呼び出しなどが、ペンをダブルタップすることで行えるということです。

これは最初「めっちゃ便利!!」と思っていたのですが、アプリによっては意図しないときにダブルタップが反応してしまい微妙でした。ダブルタップの反応が良すぎて変わって欲しくないときに変わってしまう感じです。

ということで、いつのまに消しゴムになっちゃってて使いにくいのでぼくはダブルタップの機能をオフにしています。

ただ中にはダブルタップが使いやすいアプリもあります。

LiquidText(ちょっとマイナーなアプリですが)のオートエクスポートはダブルタップにめちゃくちゃ適してました。相性ですね。ダブルタップじゃなくてトリプルタップだったら誤作動がなくて良かったのかも。

平たくなった形は「転がらない」けど「持ちにくい」?

マグネットでiPad Proにくっつけて充電&ペアリングする関係で、Apple Pencil(第二世代)は側面が平ぺったくなってる部分があります。個人的にはこの部分がちょっと持ちにくい・・・。

そんなに気になるほどではないのですが、比較すると第一世代の方が持ちやすい感じ。ただ「コロコロどこまでも転がらない」というメリットが第二世代には間違いなくあるので、そっちのメリットの方が上かも知れません。

たぶん、好み&慣れの問題が大きい気がするので、ぼくも使っているうちに評価が変わるかも知れないですね。

なんかスベる?

第二世代のApplePencilは第一世代と表面の加工が違っています。

第一世代がピカピカ光っているのに対して、第二世代はツヤが消えてるマットな感じ。

色の感じは第二世代の方が好みなのですが、心なしか第二世代のApple Pencilは持っているときにスベる気がします。手の脂がなくなってきた「おじさん」なぼくのせいなのかも知れないですが、やっぱりなんかスベるような・・・。

ペンをぐるぐる巻きにするなどのワザが使えない

Apple Pencilをバリバリハードに使う人の中には「指が痛くなる」という理由で、Apple Pencilを包帯や布でグルグル巻きする人がいます(そうすると指への負担が少なくなる)。

ただ、Apple Pencil(第二世代)だと「側面をiPad Proにマグネットでくっつけてペアリングや充電をする」関係で、そのグルグル巻きにするワザが使えません。

ということで「あえてApple Pencil(第一世代)を買う」という人もいるみたいですね。

Apple Pencilは第一世代と第二世代のどっちがいい?(個人的な感想)

僕は現在iPad Pro 12.9(2018)とiPad mini(2019)を使っているので、Apple Pencilの第一世代と第二世代の両方が手元にあり、同時に使っている状態です。

その上でApple Pencilの第一世代と第二世代のどっちがいいか?と言われれば、第二世代の方がいいです。

たぶん、第二世代に比べて第一世代が勝っているところって、「指への負担を減らす為にペンを包帯をグルグル巻きにすることができる」ってところくらいじゃないですかね?ちゃんと便利に進化している感じがします。

「ペンを包帯にグルグル巻きにすることができる」のメリットって漫画家さんとかペンを使う本業の方にとっては大きなこと(死活問題)で、Appleとしてもそういうアーティスト方面の方の需要も取り込もうとしていると思うので、Apple Pencil3では何か対策してくれないかな~と思います。

最新のiPad ProではApple Pencilの第一世代と第二世代を両方使えるとかできるといいですね。今のところ第一世代と第二世代のiPhone両方に対応したiPadは存在しないので・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPad

Copyright© すまおじ.com , 2019 All Rights Reserved.