消えた!Apple Watchの日付を再表示する方法

投稿日:2020年10月22日 更新日:

スポンサーリンク

先日Apple Watchのアップデートがありまして、その影響で、文字盤に登録してた「日付」が消えちゃいました。

一時的に消えただけだったら良かったのですが、再登録しようとしても、日付が見当たらない始末。うーんどこに行ったのか?

ってことで、「Apple Watchからなくなった日付を復活させる方法」でございます。

Apple Watchから「日付」が消えた!

ある日のWatchOSアップデートを境に、僕のApple Watchから居付けが消えました。「日付」はめちゃくちゃ便利というか、必須のものなので、なくなってしまうと困ります・・・。

調べてみると、「日付が消えた」のはWatchOS 7になってからの様です。WatchOS 7は2020年9月17日に公開されているので、そうか、必須だの不便だの言いながら、僕はもう1ヶ月も日付なしのiPhoneで過ごしていたということなんですね・・・。

原因は・・・意外なアレ(今まで大丈夫だったのに!)

WatchOS 7へのアップデートが「Apple Watchから日付が消えた」原因ではあるのですが、さらにその上で、原因となっているのが、Apple純正の「カレンダー」です。

WatchOS 7から、Apple純正のカレンダーをiPhoneにインストールしていないと、Apple Watchで日付が表示されなくなったんですよね。

なんという罠。今まで大丈夫だったのに。日付が表示されない原因は、まさかの「Apple純正カレンダーを削除しているから」ということでした。

僕はGoogleカレンダーを使っているので、Apple純正のカレンダーは必要なくて、削除してしまっていた様ですね。

Apple Watchに「日付」を表示する方法

WatchOS 7になって、「Apple純正のカレンダーがiPhoneにインストールされていないと、Apple Watchに日付が表示されなくなった」というのが顛末なので、

要するにiPhoneにApple純正のカレンダーを再インストールしてやれば、また「日付」が使えるということになります。

  1. iPhoneのApp Storeアプリで「カレンダー」と検索
  2. Appleが提供する「カレンダー」アプリをインストール
  3. Apple Watchの文字盤の編集で、好きな場所に「日付」を配置。

これだけです。

iPhoneにApple純正のカレンダーをインストールすると、自動でApple Watchにもカレンダーがインストールされます。なのであとは、文字盤の編集から「日付」を設定してあげるだけ、ということですね。

イヤー良かった良かった。また「日付」が表示されるようになりました。不便で不便で仕方なかったので・・・(一ヶ月も放置してたくせに)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Apple Watch

Copyright© すまおじ.com , 2020 All Rights Reserved.