Apple Watchでスクショする方法!保存場所はどこ?できない場合の原因も解説!

投稿日:

スポンサーリンク

Apple Watchでスクリーンショットをする方法と、そのスクリーンショットがどこに保存されているのか?について、このページではまとめています。

Apple Watchでスクリーンショットをする方法

Apple Watchでスクリーンショットを撮る方法は、

  • Apple Watch右側にある、デジタルクラウンとサイドボタンを同時押しする。

これだけ!です。めちゃくちゃカンタン。

え?できないけど・・・」という場合は、続けて以下を参照してください。僕も同じくできないクチです。

Apple Watchでスクリーンショット「できない」場合は?

僕は上の「デジタルクラウンとサイドボタンの同時押し」をやっても、Apple Watchのスクショが撮れませんでした。

  • 同時押しを一瞬だけした場合→何も反応しない
  • 同時押しを長押しでやる→Apple Watchがブルッと震える

という感じで、Apple Watchのスクショが撮れません。

な、なぜ~~。

「たぶんスクショの設定をオフにしてるんだろうな」

と思ったらその通りでした。

いつ設定を変えてしまったのか・・・。

とりあえず、以下の手順でApple Watchでのスクショをオンにできます。

  1. iPhoneの「Watch」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「スクリーンショットをオンにする」の機能をオンにする

これでOK!

これで、「Apple Watchのデジタルクラウンとサイドボタンを長押し」すれば、スクショが撮れるはずです。

ちなみに長押しは「一瞬」で離してOK。

成功すると、Apple Watchの画面全体が白くフラッシュして、ブルッと震えます。

Apple Watchのスクリーンショットはどこにあるか?

Apple Watchのスクリーンショットは、iPhoneの「写真」の中に保存されます。

iPhoneの「写真」を開きながらApple Watchでスクショすると、ほぼリアルタイムといえる早さで、Apple Watchからのスクショが同期されるはずです。

iPhoneの「写真」にない場合

iPhoneの「写真」にApple Watchからの写真が同期されない場合、「iPhoneとApple Watchが接続されていない」ことが考えられます。

Apple Watchの上部(文字盤によって異なるかも)に「四角に斜線(赤)」のステータスアイコンが表示されていたら、そのApple WatchはiPhoneと接続状態にないことを意味しています。

まとめ

ということで「Apple Watchでスクショする方法」についてご紹介しました。

iPhone本体と違って、Apple Watchでスクショする機会はほぼ皆無かも知れないですが、やれるに越したことはないです。便利便利。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Apple Watch

Copyright© すまおじ.com , 2020 All Rights Reserved.