危険?Chromeでパスワードを自動保存させる・させない設定方法

おじさんです!

今回はChromeでパスワードを自動保存させる・させない為の設定方法についてご紹介します。

以下をご参照下さい。

スポンサーリンク

Chromeではパスワードの自動保存が出来る!

Chromeにはパスワードの自動保存機能があります。

ログインが必要なサイトで「メールアドレス」「パスワード」を入力してやると、それが保存されて、次回以降そのサイトに訪れた際には、保存された情報が呼び出されてカンタンにログインが出来る・・・という事になります。

便利な機能だが、他のサービスと競合してしまうことも・・・

Chromeのパスワード自動保存はとても便利な機能ですが、他に同じ様なサービスを使っている場合、機能が被ってしまって困る事があります。

僕はLastPassというパスワード管理機能を使っているので、Chromeのパスワード管理機能は今回でオフにしたいと思います。

Chromeのパスワード自動保存機能を設定する方法(オンオフ)

Chromeのパスワード自動保存のオンオフは、スマホからでもパソコンからもで設定出来ます(どちらで設定しても、共通の設定として反映されます)。

それぞれについて以下で説明します。

スマホから設定する方法

まずはChromeのアプリを起動します。

右上の「・・・(縦)」をタップします。

「設定」をタップします。

「パスワードの保存」をタップします。

「パスワードの保存」をオフにします。

上の様に「パスワードの保存」をオフにすれば、Chromeがパスワードを保存しようとする事はなくなります。

下に「自動ログイン」の項目がありますが、これのチェックが外れていれば、保存された自動ログイン情報を元に勝手にログインしようとする事もなくなります。

PCから設定する方法

まずはChromeを起動して、右上にある「・・・(縦)」をクリックします。

展開されたメニューから「設定」をクリック。

一番下にスクロールして、「詳細設定を表示」をクリックします。

「パスワードとフォーム」の項目にある「Google Smart Lock for Passwordsでパスワードを保存するよう促す。」のチェックを外します。

これで設定は完了です。

Chromeのパスワード自動保存機能は危険か?

Chromeのパスワード自動保存機能について「危険なのではないか?」と心配になる人もいると思います。

こう言った、パスワードをクラウド上に保存してしまうサービスには当然危険はあります。

その中でもGoogleのサービスには、「そもそもGoogleが何か情報を勝手に利用したりしているんじゃないの?」という信用のなさがあると思います。

僕は色々と考慮した結果、LastPassというパスワード管理専用のサービスを使う様になりました。ですがやはり危険とは隣り合わせだと思います。

こうしたサービスと使う際には、パスワードの極端な強化というのは必須の事としてやっておいた方が良さそうです。ここのパスワードが突破されてしまうと、他の全てのパスワードが筒抜けになってしまいますから・・・。

スポンサーリンク