格安SIM初体験!LINEモバイルへナンバーポータビリティで乗り換えてみました!(意外に簡単!手続き編)

投稿日:

スポンサーリンク

おじさんです!

時代の流れに遅れに遅れていそうですが、ついに「格安SIM」の利用を決意しました!

格安っていうけど、なんか難しそう・・・

という謎の「面倒臭い病」を発症してずっと遠目から見ているだけだったのですが、何故か最近になってスイッチが入りました。

そして調べてみて、格安SIMを知ろうとしなかった自分を責めました。

 

ドコモとかに比べて、通信料がマジで安いです。多少の解約料を払ってでも今すぐ乗り換えた方がいいレベル。

まあそこのところはまたお話しするとして、今回はドコモからLINEモバイルへナンバーポータビリティをする手続きの方法についてご紹介します。

意外と簡単だから、嫌がらないで下さい!笑

ドコモから格安SIMへ!まずはナンバーポータビリティの予約番号を取得!

ナンバーポータビリティ(電話番号を移動させてそのまま使う)で通信会社を変更する場合、まずは今の通信会社で「予約番号」の発行をしなければいけません。

→MNP(ナンバーポータビリティ)の予約番号を取得する手順

予約番号の取得方法は上の記事を参照して下さい。僕が予約番号を取得した際の事も書いてあります。

予約番号を取得したら、いざ格安SIMの契約へ!

予約番号を取得したら、格安SIMの契約をします。

格安SIMはリアルの店舗ではなく、ネット上で全ての契約を完了させる事ができ、とてもスピーディーです。

ではでは以下で、実際の契約申込みをしてみましょう!

ドコモからのナンバーポータビリティでLINEモバイルへ乗り換えの契約!

今回僕はLINEモバイルを選びました。格安SIMの名に恥じない安さで、しかもプランも機能も充実してます。

格安SIMは契約におけるトラブルが多いらしいのですが、LINEなら大手だし安心、というところもありますね。何かあってもしっかりサポートして貰えるでしょう(期待)。

 

以下ではドコモからLINEモバイルへの乗り換え手順を説明していますが、途中のサービス選択の違いで内容が変わって来ますので、ご了承下さい(大きくは変わらないと思います)。

手順① まずはLINEモバイルのサイトにアクセスする

LINEモバイル
上のリンクをクリックして、LINEモバイルのサイトにアクセスして下さい。

 

LINEモバイルのサイトの右上に「申し込む」の項目があるので、選択します。

 

色々と注意事項が記載されているので、確認して「上記事項に同意の上、申し込む」を選択します。

手順② 申込内容・プランの選択

「申し込み方法」の選択です。

「通常申し込み」と「コードを使用しての申し込み」が選べます。

エントリーコード(Amazonで販売されているエントリーパックに付属している)を持っている場合には、「コードを使用しての申し込み」を選択して、コードを入力して下さい。

僕は「通常申し込み」となりました。

 

「申し込み内容選択」の画面になりました。

  • 端末+SIMカード
  • SIMカードのみ

のどちらかを選びます。

僕は今使っているスマホ(端末)をそのまま使うので、「SIMカードのみ」を選択しました。

 

「プラン選択」の画面となりました。

  • LINEフリー(一番安いプラン)
  • コミュニケーションフリー(4種SNS使い放題プラン)
  • MUSIC +(4種SNS+LINE MUSIC使い放題プラン)

の3つのプランから選択出来ます。

僕は真ん中の「コミュニケーションフリープラン」を選びました。これが一番オススメ出来るプランだと思います。過不足ない感じですね。

 

「高速データ容量」と「サービスタイプ」の選択をします。

僕は「3GB」と「データ+SMS+音声通話」を選びました。

電話(通話)をする場合は、必ず「音声通話」の入ったプランにして下さい。そうでないと通話が出来ません。

 

「SIMサイズ選択」の画面となりました。

ここでは今持っているスマホに対応したSIMサイズを選択します。

動作検証済み端末一覧」から自分のスマホのSIMサイズを確認して下さい。

僕の持っているGalaxy S7 edgeは「ナノSIM」でした。なので「ナノSIM(小)を選択する」を選択してあります。

 

オプションの選択画面です。

これは別に全部ナシでもいいと思うのですが、僕は「留守番電話」のオプションを付けました。なんだかスマホに付いている「伝言メモ」の機能がうまく動作しないので(Galaxyの不具合らしい?)。

 

ここまでで、初期費用と毎月の支払額が決まります。

僕の場合は初期費用3,400円と、月額1,992円の利用料金となっています。

オプションをなくして、データプランも1つ下にすればもっと安いですが、とりあえず必要そうなものを入れてみました。これでも今ドコモに払っている通信量の3分の1くらいだと思います。安すぎ。

手順③ 申し込み区分の選択(ナンバーポータビリティ)

「申し込み区分」の画面になりました。(※このページは「音声通話」の機能を選択しなかった場合は表示されないかと思います)

  1. 新規番号での申し込み
  2. 他社からの乗り換え(MNP転入)

ナンバーポータビリティを使う人は②を選びます。

新しい電話番号を作成する人は①を選びましょう。

僕はドコモからのナンバーポータビリティをするので、②を選びました。

 

ナンバーポータビリティの予約番号や有効期限などを入力します。

入力が終わったら「次へ進む」を選択します。

→ナンバーポータビリティの予約番号を取得する方法

手順④「お客様情報」の入力

お客様情報の入力画面になります。

上の画像から、ずーーーーっと下に入力欄が伸びています。名前や住所などを入力しましょう。

 

最後に規約などへの同意が4つ連続します。

確認が済んだら、チェックを入れていきましょう。

手順⑤ 本人確認書類のアップロード

ここまでの手順を終えると、登録したメールアドレスに本人確認のメールが届きます。

 

上の画像が本人確認のメールです。

URLをクリックして本人確認を完了させます。

 

更に本人確認として、「本人確認書類の送信」に続きます。

運転免許証など、有効な本人確認書類はいくつかありますが、僕は今回健康保険証を選択しました。

上の画像の様に画像をアップロードして、「進む」を選択します。

(画像は複数枚アップロード出来ます。裏面にも必要な情報が記載されている場合には、その画像も合わせて添付しましょう)

手順⑥ 支払い方法の選択

支払い方法の選択画面です。

LINEモバイルへの支払い方法を選択しましょう。

僕はクレジットカードでの支払いを選択しました。

手順⑦ ログインID・パスワード

LINEモバイルでのログインIDとパスワードを設定します。

これはここで初めて決める内容なので、「あれ?なんだったかな?」と悩む必要はありません。好きな文字列を入力しましょう。

手順⑧ 申込み内容の確認

申込み内容の最終確認となります。

上の画像よりもずっと下まで契約内容の表示は続いています。

これで契約となるので、しっかり確認しましょう。

 

確認が出来たら「申し込む」を選択します。

これでLINEモバイルの契約が完了しました。

手順⑨ 申込み完了!メールで契約内容が届く

ここまでの手順で、LINEモバイルの申込手続きは完了しました。

 

登録したメールアドレスに上の様な、契約内容が記載されたメールが届きます。

契約内容に不備などがなければ、あとはLINEモバイルからSIMカードが送られてくるのを待つだけになります。

お疲れ様でした!(格安SIM、楽しみ!)



スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-LINEモバイル, 格安SIM

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.