ゴネ得?!Appleがゲーム課金70万円をユーザーに返金した理由

ゴネ得?!Appleがゲーム課金70万円をユーザーに返金した理由

スクリーンショット 2016-01-03 03.52.19

おじさんです。

スマホのゲームに課金なんてアホらしい・・・と以前は思っていたのですが、今はちょっと気持ちが分かります。

あれってちょっとハマると金銭感覚がバグって来るんですよね。恥ずかしながら・・・というか数万円くらいは実は課金した事があります。笑

今回はそんな「課金」にまつわる話です。

なんでも70万円の課金をAppleから返金してもらった・・・という事らしいのですが・・。

スポンサーリンク

Appleから70万円を返金して貰った話

これは日本ではなくてイギリスの話です。

なんでも、モハメドシュガーさん(32)の息子・ファイサルくん(7)が「Jurassic World:ザ・ゲーム」を遊んでいた時に課金を繰り返し、その額は約70万円に及んでしまったのだとか。

スクリーンショット 2016-01-03 03.49.51

課金は2015年12月13日から18日までの間に65回行われました。父親がやっと気付いた時には時既に遅し・・・なんですが、父親はAppleにクレームを言いました。

「私が課金した訳ではない」

「決済のメールがすぐに届かなかったのが問題だ」

などとクレームを言い、結果、Appleは課金された料金の返金に応じる事を了承しました。

もしかしたら・・・と疑う人たちも

僕はこの話を聞いて「ほうほう。そんな事があるんだなあ」くらいの感想しかなかったのですが、中には「嘘じゃないか?」と疑う人もいるようです。

つまり、本当は自分が課金したのに、お金が惜しくなって息子のせいにして返金を迫ったのでは?という見方です。

なるほど。もしかしたらそれも有り得るかも知れませんね。

Appleとしては返金するしかなかった?

この課金が父親によるものだとしても、本当に7歳の息子によるものだったとしても、Appleとしては返金に応じるしかなかったのではないでしょうか?

でなければ、この「70万円課金」の話は「スマホは危ない」というイメージで伝わりかねません。

  • 本当に息子がやったのか?
  • 息子がやろうと父親がやろうと、課金に使った金額を請求するのは正当な権利では?

などなどAppleとしても言い分がありそうですが、それを争う事は自分たちのプラスにならない、と判断したのかも知れません。

「子供」という話を出されると弱い立場だなあと思いますね。

スポンサーリンク