スマホやタブレットの画面の向きがグルグル回るのを固定する方法(iPhone・Android)

投稿日:

スポンサーリンク

スマホやタブレットを使っていると、画面の向きがグルグル回ってしまうことがありますが、これは設定によって固定可能です。

予期せずグルグル回ってしまうと使いにくいので、以下の方法で画面の向きを固定しましょう。

スマホ・タブレットの画面の向きを固定する方法

iPhone・iPadの場合

iPadの場合は画面右上の端から下に向かってスワイプ。

iPhoneの場合は、画面の下端から上に向かってスワイプします。

 

展開されたメニューの右の真ん中あたりにある鍵アイコンが、画面を固定する機能のオンオフを表しています。

これが赤くなっている状態だと画面の向きが固定されていて・・・

 

鍵アイコンが赤くなっていないときは、画面の向きが固定されません。

 

ちなみにiPhoneの場合、画面を横向きで固定することはできない様です。固定しない状態で横向きにすることはできます。

Androidの場合

Androidの画面の上端から下に向かってスワイプします。

 

メニューが展開されるので、更にもう一回、下に向かってスワイプします(上端からでなくてOKです)。

 

スマホマークが「自動回転」になっていれば、画面の向きは固定されていません。

 

スマホマークが「縦向き」になっていれば、画面の向きは固定されていません。

画面の向きが固定されたアプリもある

アプリの中には、「横向き固定」や「縦向き固定」が決まっているアプリがあります。

こういったアプリを起動すると、設定でどちらの向きに固定しているかは関係なく、アプリの規定の向きに固定されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Android, iPhone

Copyright© すまおじ.com , 2019 All Rights Reserved.