iPhoneの音が出ない時に確認したい4つの原因

iPhoneの音が出ない時に確認したい4つの原因

スクリーンショット 2016-03-18 21.44.05

おじさんです。

今回は「iPhoneの音が出ない時に確認する4つの原因」という事でご紹介します。

ほとんどの場合は「あ!そんなこと」という様な拍子抜けする事が理由なので、チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

iPhoneの音が出ない時に確認する事

①マナーモード(サイレント)になっていないか?

iPhoneにはサイレントモードというものがあり、これを設定していると音が出ません。

スクリーンショット 2016-03-18 21.13.01

本体左側面のスイッチがサイレントモードのスイッチです。

スクリーンショット 2016-03-18 21.13.31

スイッチを動かして、オレンジ色に塗られた部分が見えた状態であればサイレントモードであると言う事です。

サイレントモードになっていた場合は、解除する事で音が出る様になる可能性が高いです。

②音量は上げてあるか?

2016-03-18 21.10.44

当たり前の話ですが、iPhoneの音量を上げなくては音は聞こえません。

本体左側面のボリュームボタン(+)を押してiPhoneの音量を上げましょう。

③Bluetoothイヤホンが接続されていないか?

Bluetoothイヤホンが接続されていれば、音はBluetoothイヤホンから出る様になります。それに気付かなかった場合、まるでiPhoneから音が出ていない様に見えます。僕は何度かこれをやって、電話の時に相手を困らせてしまった事があります。

スクリーンショット 2016-03-18 21.36.24

iPhone上部の「B」のBluetoothマークがグレーであれば何も接続されていないという事になります。もしこれのマークが白くなっている場合には、何らかのBluetooth機器が接続されていると言う事になります。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「Bluetooth」を開く
  3. 接続されているBluetooth機器を確認する

以上の手順でもBluetooth機器の接続を確認する事が出来ます。

もしも使わないBluetoothイヤホンが接続されていた場合は、イヤホンの電源を切る様にしましょう。

④イヤホンジャックは汚れていないか?

イヤホンジャック(イヤホンを挿す穴)が汚れていると、「イヤホンが挿さっている」とiPhoneが認識して、本体から音を出さない場合があります。

イヤホンジャックが汚れているのなら、つまようじなどを使って(慎重に)掃除をしてあげましょう。

だいたいの場合、音が出ない原因は以上のどれかに当てはまると思います。

上記の方法でもダメな場合は「スマホの再起動」をすると直る場合があります。お試し下さい。

スポンサーリンク