機内モードとは?日常での意外な活用法も!(iPhone/Android)

機内モードとは?日常での意外な活用法も!(iPhone/Android)

スクリーンショット 2016-04-03 17.41.09

おじさんです。

今回は「スマホの機内モードとは何?」ということでご紹介します。

機内モードと聞くと「飛行機に乗っている人以外は関係ないんでしょ?」と思いがちですが、意外とそうではありません。

機内モードを使用する事でどの様な効果があるのか?以下にまとめました。

スポンサーリンク

機内モードとは何か?

機内モードとは簡単に言うと「データ通信を一切しなくなるモード」の事です。飛行機の中ではデータ通信は基本的に禁止ですから、スマホなどを使う事は出来ませんでした。ですがこの機内モードをオンにしていれば、データ通信をしない為、機内でもスマホを触る事ができる、という訳です(電子機器自体を触ってはいけない時間があるはずなのでご注意を)。

まあこの機能があるおかげで(せいで?)CAさんはスマホをいじっている人は全て「機内モードを使用している」という前提で見る必要が出てきたでしょうね。いじっているスマホを横から確認して機内モードのオンオフを確認する訳には行きませんから・・。

機内モードの意外な活用法

機内モードは何も飛行機に乗った時だけに使える機能ではありません。前述した通り、機内モードは「データ通信をしなくなる機能」なので、それを考えれば様々なところに活用出来るのが分かります。例えば・・・ということで、以下で説明して行きます。

① スマホの急速充電に使える!(バッテリー消費量の節約)

機内モードをオンにしてデータ通信を抑える事で、バックグラウンドで動いているデータ通信を使うアプリの動作を停止することが出来ます。この事がバッテリー使用量の節約に繋がり、更にはスマホの充電が早くなる、という効果も生みます。

② 最強のマナーモードとして使える!

映画館などではマナーモードを使用している人も多いと思いますが、設定のミスにより音が出てしまった・・・などの恥ずかしい思いをした人もいるかと思います。

そんな時に機内モードをオンにしておけば、そもそも着信が来ない訳なので着信音がなる事もなくなります。

とは言えアラームなどの消音機能は備えていないので、マナーモードと併用するのがいいかと思います。面倒でなければスマホの電源を消すのが一番かも知れません。

③ 「集中モード」を強制的に作ることができる!

機内モードをオンにするとデータ通信を停止するので、電話やメールの着信を遮断することが出来ます。「着信音が気になって勉強や仕事に集中出来ない・・・」という場合には、機内モードを使って強制的に「集中モード」を作ってみるのもいいでしょう。

電源オフにする・・・・という手段もありますが、スマホを使って音楽は流しておきたい、電子書籍を読みたい、などの場合は機内モードがオススメです。

まとめ

以上の様に機内モードには日常での活用方法もたくさんあります。

ですがやはり注意すべきなのは「大切なメールや電話が届かない」ということ。機内モードをオンにしたとしても、定期的にオフにしてメールや電話の確認はした方が良いと思います。

機内モードの設定方法は以下の記事をご参照下さい。

【関連】iPhoneの機内モードを設定する方法

【関連】Androidの機内モードを設定する方法

スポンサーリンク