Windowsのデスクトップにメモ貼り付けて常に表示する方法(Sticky Notesの使い方)

Pexels / Pixabay

おじさんです!

今回は「Windowsのデスクトップにメモを貼り付ける方法」についてご紹介します。

僕は普段ディスプレイを作業用のウィンドウで埋め尽くしてしまっています。なのですが、Windows10には仮想デスクトップという素晴らしい機能があります。これを使えば「デスクトップに貼り付けたメモを簡単に見る事が出来る」と思いました(そう言えば、Windowsの画面右下をクリックすれば一時的にウィンドウを全部消せるので、それでもいいかも?)。

以下の方法を使えば、Windowsのデスクトップにメモを、まるでポストイットの様に貼り付けする事が可能です。日々のタスクや決め事を確認するのに便利だと思うので、是非活用してみて下さい。

スポンサーリンク

Windowsのデスクトップにメモを貼り付ける方法(Sticky Notesの使い方)

WindowsにはSticky Notesという無料のソフトがプリインストールされています。これは以前は「付箋」という名前のソフトだった様です。なのでWindowsのバージョンによって、「Sticky Notes」なのか「付箋」なのか、どちらがインストールされているかは異なります。

僕の使っているWindows10には付箋はなくSticky Notesがインストールされていたので、今回はSticky Notesを使って説明をしていきます。

2016-12-24_100856

まずはWindowsの画面左下にあるCortanaのボタン(「なんでも聞いてください」の検索窓など」)をクリックします。

2016-12-24_100936

Cortanaの検索窓に「Sticky」と入力します。Sticky NotesがインストールされているWindowsであれば、検索結果に「Sticky Notes」と表示されるはずです。

「Sticky Notes」をクリックしましょう。

2016-12-24_101023

Sticky Notesが起動しました。とてもシンプルな付箋なので、使い方に迷う事はほとんどないと思います。

2016-12-24_101107

Sticky Notesの左上にある「+」ボタンを押すと、新しい付箋が追加で表示されます。

2016-12-24_101143

Sticky Notesの右上に表示されるゴミ箱マークを押すと、その付箋が削除されます。

2016-12-24_101229

Sticky Notesにカーソルを合わせて文字入力すると、メモとして表示されます。

2016-12-24_101240

ゴミ箱の左にある「・・・」を押すと、上の様にカラーが変更出来ます。

2016-12-24_101256

ゴミ箱アイコンの左の「・・・」からピンク色を選択しました。付箋がピンク色に変わりました。

2016-12-24_101336

「+」マークを押すことでたくさんの付箋が表示出来ます。付箋の色を変えて、付箋ごとにメモする種類を変えても良さそうです。

2016-12-24_101410

付箋はドラッグ&ドロップで移動したり、幅を変える事も出来ます。

とてもシンプルで使い易い付箋機能です。

「やること」

「目標」

などなど、常に目にしておきたいものをSticky Notesで付箋として作成しておくと良さそうです。

最初はSticky Notes専用の仮想デスクトップを作成する事も考えましたが、Sticky Notesが他の仮想デスクトップには同期されない為、メインの仮想デスクトップにSticky Notesを入力して、Windows画面右下をクリックして一時的にウィンドウを全非表示にすると良さそうです。これならサクサクとSticky Notesの内容を確認する事が出来ます。

スポンサーリンク