iPhoneがiCloudに自動バックアップを取るのをやめる設定方法

投稿日:

スポンサーリンク

おじさんです。

先日、iCloudから通知が来ました。なんでもストレージ容量が残り少なくなっていると言うことでした。僕のiCloudは無料のものなので、ストレージ容量は5GBです。

 

しかし僕の使い方からすると5GBも使っているはずがありません。

ではなぜiCloudのストレージ容量が残り少なくなっているのか?これはiPhoneの自動バックアップが原因でした。iPhoneにはiCloudへ自動でバックアップを取る機能があるのですが、僕はこの機能をオンにしていたのです。

スクリーンショット 2016-03-07 01.38.16

 

通常であれば必要な機能かと思うのですが、僕のiPhone5は現役を引退していて、特に大事なデータも入れていません。ですから今回、iPhoneの自動バックアップをオフにしてiCloudのストレージ容量の圧迫を解消する事にしました。

iPhoneがiCloudに自動バックアップを取るのをやめる設定方法

スクリーンショット 2016-03-07 01.41.11

iPhoneの「設定」を開きます。

 

スクリーンショット 2016-03-07 01.41.20

「設定」の中から「iCloud」を選択します。

 

スクリーンショット 2016-03-07 01.41.28

「バックアップ」を選択します。

 

スクリーンショット 2016-03-07 01.41.36

iCloudのバックアップをオフにします。

 

スクリーンショット 2016-03-07 01.41.45

上記のメッセージが表示されるので「OK」を選択します。

 

スクリーンショット 2016-03-07 01.41.52

iCloudへの自動バックアップがオフになりました。

これでiCloudの容量の圧迫が解消されるはずです。iCloudのデータはすぐに消えないので、少し待ってから確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPhoneの使い方, クラウドストレージ

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.