紛失したとき役に立つ”iPhoneを探す”を使う為の5つの条件

紛失したとき役に立つ”iPhoneを探す”を使う為の5つの条件

スクリーンショット 2015-11-26 00.34.11

おじさんです。

iPhoneには、紛失した場合に探す為の機能として「iPhoneを探す」というものがあります。これは「iPhoneを探す」とはなっているものの、実際にはiPadやMacbookなど、位置情報が取得出来る端末ならなんでも探す事が出来ます。

とっても便利な機能なのですが、この「iPhoneを探す」を使用するためには、紛失した端末がいくつかの条件をクリアしている必要があります。

その条件を以下で説明していきます。

※以下の記述では便宜上「iPhone」と書きますが、実際にはiPadやMacbookも探せます。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」を使う為の5つの条件

スクリーンショット 2015-11-26 00.13.14

条件① iPhoneを登録したiCloudへのログインが出来ること

まず前提として、iPhoneに紐付けしてあるAppleアカウントへのログインが出来る必要があります。そうでないと、iPhoneを探す為のiCloudへログインする事が出来ません

スクリーンショット 2015-11-26 00.16.28

iCloudへのログインパスワードは、普段音楽を聴くための使っているiTunesのパスワードと同じです。これを忘れてしまうとどうしようもないので、パスワード管理ツールを使ったり、メモをするなどして、分かる様にしておきましょう。

条件② iPhoneの電源が入っていること

iPhoneの電源が入っていないと、「iPhoneを探す」を使用する事が出来ません。

iPhoneの電源はいつまでもある訳ではありませんから、早めの捜索、問題解決が必要になります。

ちなみに「iPhoneを探す」では、対象の端末の電池残量を知る事が出来ます。残り時間のカウントダウンの様ですが、電池が尽きる前にiPhoneを捜索する必要があります。

スクリーンショット 2015-11-26 00.20.41

条件③ iPhoneがデータ通信を出来る状態であること

iPhoneがデータ通信できる状態でないと、「iPhoneを探す」の機能は使えません。

この「データ通信」とは、「4G」や「LTE」などだけではなくて、Wi-Fiでも大丈夫です。

スクリーンショット 2015-11-26 00.22.54

条件④ iPhoneの位置情報がONになっている

iPhoneの位置情報がONになっていないと、「iPhoneを探す」を使用する事が出来ません。

  1. 「設定」を開く
  2. 「プライバシー」を開く
  3. 「位置情報サービス」を開く
  4. 「位置情報サービス」を「ON(緑色)」にする

以上の手順でiPhoneの位置情報をONにする事が出来ます。

スクリーンショット 2015-11-26 00.27.07

条件⑤ iPhoneの「iPhoneを探す」の機能がオンになっていること

iPhoneの設定で「iPhoneを探す」の機能がオフになっていると、当然のことながら「iPhoneを探す」の機能は使用する事が出来ません。

  1. 「設定」を開く
  2. 「iCloud」を開く
  3. 「iPhoneを探す」を選択する
  4. 「iPhoneを探す」を「ON(緑色)」にする

以上の手順で「iPhoneを探す」の機能をONにする事が出来ます。

スクリーンショット 2015-11-26 00.32.03

「iPhoneを探す」を利用する為には、以上の条件を満たす必要があります。iPhoneを探す、が使用出来ない時は、上の条件をチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク