【最新】iPhoneの強制再起動の方法についてのまとめ

投稿日:2018年1月31日 更新日:

スポンサーリンク

このページではiPhoneの再起動に関する内容をまとめています。

不具合の解消などにも役立つ再起動ですが、実はその方法は複数あったり、時には「再起動ができないよ~」なんて困った自体も発生したりします。

たくさんの話題をまとめていますので、読みたい内容を目次から探して頂くのがオススメです!

スマホの再起動なんて
カンタンじゃない?
どんなスマホでも
再起動の方法はだいたい同じだからね。
でも、機種によってやり方が違ったり、
再起動がループする不具合もあったりするんだよ。
へーそうなんだ!
じゃあ、教えて!

スマホの再起動は「不具合の解消」にものすごく役立つ

これはiPhoneに限らず、どんなスマホでも、タブレットでも、パソコンだってそうなのですが、再起動は不具合の解消にすごく効果があります。

困ったらとりあえず再起動しておけば大丈夫と言えるほどに、再起動は万能!

スマホやタブレット、パソコンなどをずっと起動させたままにしておくと、様々な操作にともなって一時情報(キャッシュ)が保存されていくのですが、これが不具合の原因になったりします。

スマホは頭がいいので「前に行った同じ動作を素早く行えるように」キャッシュを保存するのですが、それが溜まりすぎると良くありません。

逆に動作が重くなってしまう事があるんです!

そこで出てくるのが再起動というワケですね。再起動をする事でキャッシュをキレイに掃除して、デバイスをスッキリ身軽な状態にリフレッシュしてくれるのです!

ですからデバイスの再起動は、
定期的にやった方がいいんです!

iPhoneの再起動には2種類ある

iPhoneを再起動する方法は、実は2つあります。

普通の再起動の方法を知っている方は多いですが、2つめの方法については知らない人も多いかも知れません。

基本的には
普通の再起動でOKなんだけど、
もう1つの再起動が必要なこともあるんだ!

1つめは「普通の再起動」

まず、1つめの再起動は「普通の再起動」です。

これは誰でも知っている様な、普通の再起動ですね。

iPhoneの電源をシャットダウンして、その後電源ボタンを長押しして再度電源を入れる・・・という普通の再起動です。

ちょっと時間がかかる時もありますが、定期的にやっておくと、不具合の発生を事前に防ぐことも出来たりします。チョット面倒ですけどね。

2つめは「強制再起動」

「強制再起動」というのが、みんなあまり知らないであろう特別バージョンの再起動です。なんかエヴァンゲリオンみたいでドキドキしてきましたよね・・・。あ、そんなシーンなかったですっけ(ニワカ)。

これはiPhoneがフリーズしてしまって操作を受け付けないときに使ったりするのですが、最悪の場合、作業中のデータ内容が消えてしまう可能性があるので注意が必要です。

しかし、強制再起動を使うときというのはiPhoneがフリーズして動かないときだったりするので、どうしようもなかったりするんですけどね・・・。

各種iPhoneそれぞれの再起動の方法

iPhoneの再起動は、iPhoneの種類によって異なります。

基本的には同じなのですが、デザインの変更などにより再起動の方法が変わる事があるので、ご注意を!

iPhoneの再起動は「iPhoneの電源を切って、自分で電源を入れ直す」ということです。
iPhoneには電源を切って再度電源を入れるまでを自動でやってくれる機能はないのでご注意を・・・。

iPhone6sを含む、それ以前のiPhoneの再起動

普通の再起動(iPhone6s以前のiPhone)

  1. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)を長押しします。
  2. 「スライドで電源オフ」のボタンをスライドします。
  3. iPhoneの電源が落ちるのを待ちます。
  4. iPhoneの電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押しして、再度電源を入れます。

強制再起動(iPhone6s以前のiPhone)

  1. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)と、ホームボタンを、同時に長押しします。
  2. 画面にAppleのロゴが表示されたら、指を離します。
  3. iPhoneの電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押ししてiPhoneの電源を入れます。

iPhone7・iPhone7 Plusの再起動

普通の再起動(iPhone7・iPhone7 Plus)

  1. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)を長押しします。
  2. 「スライドで電源オフ」のボタンをスライドします。
  3. iPhoneの電源が落ちるのを待ちます。
  4. iPhoneの電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押しして、再度電源を入れます。

強制再起動(iPhone・iPhone7 Plus)

  1. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)と、iPhone左側面の音量を下げるボタンを同時に長押しします。
  2. 画面にAppleのロゴが現れたら指を離します。
  3. iPhoneの電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押ししてiPhoneの電源を入れます。

iPhone8・iPhone8 Plusの再起動

普通の再起動(iPhone8・iPhone8 Plus)

  1. iPhoneの右側面のスリープボタン(電源ボタン)を長押しします。
  2. 「スライドで電源オフ」のボタンをスライドします。
  3. iPhoneの電源が落ちるのを待ちます。
  4. iPhoneの電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押しして、再度電源を入れます。

強制再起動(iPhone8・iPhone8 Plus)

  1. iPhone左側面の音量(大)ボタンを押してすぐ離します。
  2. iPhone左側面の音量(小)ボタンを押してすぐ離します。
  3. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)を長押しします。
  4. 画面にAppleのロゴが現れたら指を離します。
  5. iPhoneの電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押ししてiPhoneの電源を入れます。

iPhoneXの再起動

普通の再起動(iPhoneX)

  1. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)と、音量ボタンを、同時に長押しします。
  2. 「スライドで電源オフ」のボタンをスライドします。
  3. iPhoneの電源が落ちるのを待ちます。
  4. スリープボタン(電源ボタン)を長押しして電源を入れます。

強制再起動(iPhoneX)

  1. iPhone左側面の音量(大)ボタンを押してすぐ離します。
  2. iPhone左側面の音量(小)ボタンを押してすぐ離します。
  3. iPhone右側面のスリープボタン(電源ボタン)を長押しします。

iPhoneの再起動ができないとき

フリーズしている場合

iPhoneの画面が真っ黒になってしまったり、フリーズしてしまって、再起動を受け付けてくれない時があります。

その時は通常の再起動ではなく、強制再起動を試してみて下さい。

強制再起動の方法はiPhoneの種類によって異なります。それぞれについて、上の項目で書いているので、ご参照下さい。

iPhoneの充電が切れている可能性もあり

画面が真っ黒のまま再起動を受け付けてくれない場合、iPhoneの充電がゼロになっている可能性もあります。

iPhoneを充電ケーブルに繋いで、そのまま10分程度待ってみましょう。

充電切れが原因の場合、充電ケーブルに繋いで10分程度待てば、画面に充電中を表す表示がされるはずです。

iPhoneが勝手に再起動を繰り返す!恐怖のループ

iPhoneが勝手に再起動を繰り返してしまう・・・という恐怖の不具合もあります。

僕もこれを経験した事があるのですが、どうしていいか分からず、不安になってしまいました。

この恐怖のループを繰り返す場合の対策を以下の記事にまとめました。

ただ今準備中です!
少しだけお待ち下さい・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPhone

Copyright© すまおじ.com , 2018 All Rights Reserved.