【浮気バレ防止?】iPhoneの予測変換を切る(無効にする)方法

投稿日:

スポンサーリンク

スマホには「予測変換」という便利な機能があります。

「昨日はありがとうございました。木村さんにはいつもお世話になっております」

って入力したとしたら、「昨日」と入力するだけで、そのあとの文章が予測変換で出て来ちゃうみたいな感じですね。

基本的には「便利」なんですが、人によっては「困る」って場合もあると思うので、この予測変換を無効化する方法をご紹介します~。

スマホの予測変換はバカにならない件(なんなら浮気もバレる)

上にも書きましたが、スマホの予測変換は「便利」だけど「おせっかい」でもあります。時にはスマホの予測変換が原因で浮気がバレる・・・なんてこともあり得ます。

iPhoneの予測変換をリセットする方法

iPhoneの予測変換をリセットする方法は以下の通り。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「リセット」をタップ
  4. 「キーボードの変換学習をリセット」をタップ
  5. 「変換学習をリセット」をタップ

以上の手順でOKです。これでiPhoneの予測変換の学習内容がリセットされました。

やましいことのある人は、こまめにリセットしておきましょうね・・・。

iPhoneの予測変換の機能自体をオフにできる?

調べてみたのですが、どうやら、iPhoneの予測変換の学習自体をオフにすることはできないみたいです。残念・・・。

SafariやChromeの閲覧履歴も消しておこう

iPhoneに標準で搭載されているSafariには、閲覧履歴がたまっています。これは予測変換よりもヤバいやつで、「その人が何を検索してどんなページを見たか」が丸わかりです。

予測変換の学習をリセットしたら、必要に応じてSafariの閲覧履歴も削除しちゃうのがオススメです。

>(記事作成中です)

そこらじゅうにある「履歴」に注意

文字入力のときの予測変換、SafariやChromeの閲覧履歴、InstagramやTwitterの検索履歴・・・などなど、世の中には見られちゃ困る「履歴」で溢れています。

やましいことスンナってのが正しいのかも知れないですが、しちゃってるのは仕方ない(ってか普通にブラウザの閲覧履歴って見られたくないですよね悪くなくても)。削除する方法はあるので、こまめに対処しておくのがオススメです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPhone

Copyright© すまおじ.com , 2020 All Rights Reserved.