【やってみた】東京オリンピックの観戦チケット再抽選に応募してみました!多分当たらないと思うけど笑

投稿日:

スポンサーリンク

東京オリンピックの観戦チケットが購入できなかった方に朗報です。再挑戦のチャンスがあります。

応募の為の条件があり、応募しても倍率が高そうですが、応募する価値はあります。生きてるうちに夏のオリンピックが日本で開催されるか分からないので、できることなら何かの競技は見たいものです。

東京オリンピックの観戦チケットが再抽選へ

東京オリンピックの観戦チケットの抽選には、9割の人が外れたとも言われています。ほとんどの人が外れているということになります。

ですがもうチケットがないわけではなく、人気でない競技や、当選したものの購入されなかったチケットもあります。

そういったチケットを再度抽選にかけるのが今回です。

このチャンスでぜひ、1競技くらいは観戦チケットを入手可能したいのですが、前回よりさらに倍率が高くなるはずです。

チケット枚数が前回より大幅に減った上に、前回応募した約8割の人がハズレているのですから、ダメ元で応募するくらいでちょうど良さそうです。僕はあまり期待していません。笑

期間について

東京オリンピックの観戦チケットの再抽選は、2019年8月8日から2019年8月19日まで受け付けています。

公式サイトを見ると締め切りは「2019年8月19日 11:59」となっています。「購入手続期間」のところに23:59と書かれているので、抽選申込の締め切りは8月19日の午前11時59分と考えるのが自然です。

お昼を過ぎると申し込みできない、できても落選扱いになる、などの可能性があるので早めの応募をしておきましょう。

抽選結果の発表

抽選結果の発表は、2019年9月11日(水)です。

申し込みをしてから1ヶ月ほど間が開くことになります。

当選したあとの購入手続き期間

再抽選に当選したら、支払いをチケットの購入を確定させます。期日までに支払いができないとキャンセル扱いになり、チケット購入の権利はなくなります。

購入手続きは、2019年9月11日から2019年9月24日となっています。2週間弱の間で、チケットの購入手続きを完了させましょう。

「再抽選に応募できる人」の条件

再抽選に応募する条件は、「第1次抽選販売で1枚も当選されなかった方のみ」となっています。

今回は「1枚も当たらなかった人のための救済措置」という側面が強そうです。

第1次抽選で当たったけど購入しなかった人は?

「第1次抽選で当選したけど購入しなかった人」は、今回の再抽選の応募資格はありません。そのときにその幸運を行使すべきでした・・・。

第1次抽選に応募していかなった人は?

第1次抽選に応募していかなかった人も、今回の再抽選に応募資格はありません。

え?そうなんだ?と一瞬思ったのですが、名前や住所を変えて新アカウントから応募ということがいくらでも出来ますからね。

今回はあくまでも「前回1枚も当選しなかったアカウントからの応募」となるようです。

「あれ?条件に合わないはずなのに応募できたよ?」

朝のニュース番組でちょっと見ただけなのでうろ覚えですが、システムを作り直す時間がなかったとかで、条件に合わない人を応募段階で弾くことができないそうです。

なので、条件に合わなくても応募はできてしまう可能性があります。ただ、抽選段階では確実に弾くとのことでした。

まあ、応募できるならやるだけやってみる、というのもアリかも知れません。

応募するときの注意

再抽選は申し込みの上限があります。

この上限を越えても申し込みは出来てしまうらしいのですが、その場合必ず落選となるようなので注意してください。

一回目の抽選のように、たくさんの競技に申し込みしまくる・・・ということは全くできなくなっています。

倍率は前回より高い?

今回は68万枚のチケットに対して、最大で416万人(アカウント)の人たちが抽選に応募することになります。

これも朝のニュース番組で見ていたのでうろ覚えですが、東京オリンピックの中の人が「倍率は前より高くなってしまう」という内容のことを言っておられたと思います。

東京オリンピックチケットの再抽選を実際にやってみた

では実際に東京オリンピックチケットの再抽選をやってみます。

※PCで操作しています。

>>https://my.tokyo2020.org

まずは「My TOKYO2020」にアクセスし、ログインします。

今回の抽選申し込みの条件の1つが「前回の抽選で落選していること」なので、不安な場合は確認をしておきましょう。

「購入履歴」から確認できます。

 

「東京2020公式チケット販売サイト」をクリックします。

 

「チケット購入ガイド」をクリックします。

 

懐かしい画面に辿り着きました。落選してしまったときのことを思い出します。笑

 

競技をクリックして「検索」をクリックすると、その競技のチケット情報が表示されます。

 

試しに開会式と閉会式を検索してみたら、今回の追加抽選販売の販対象ではありませんでした。また次の機会に販売されるのでしょうか?複数アカウントで申し込みしまくった人もいるはずなので、購入しなかった人がゼロとは思えないです。

 

全競技にチェックを入れて、「メダルセッション」で検索したところ、211件の結果が表示されました。

 

でもほとんどは今回の追加販売の対象ではない様です。実際には211件はないですね。より当選の確率を上げるためには、メダルセッションではなく、少しマイナー思われる競技を選択する必要がありそうです。

 

1つのセッションをカートに入れたら、「第2希望を追加する」をクリックします。

 

 

注意のメッセージがでるので、「確認」をクリックします。

 

上のようにカートに入れました。どちらも超人気競技なので、ただのダメ元です。笑

柔道を見てみたかったのですが、ない様だったので仕方ありません。

 

「申込を完了する」とクリックして、抽選の申し込み完了です。

 

今回外れてもチャンスはある?

今回は2回目のチケット購入のチャンスなのですが、今回ハズレてもまだチャンスはあります。

  • 2019年秋 第2次抽選チケット販売
  • 2020年春 公式チケット販売サイト・街中のチケット販売所
  • 2020年春 公式リセール(公式に認められた転売)

なので、今回ハズレたからと言って絶望する必要はありません。ぼくはいざとなったら、沿道でマラソンの選手を眺めてオリンピック気分に浸ることにします。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-ウェブサービス

Copyright© すまおじ.com , 2019 All Rights Reserved.