紛失したAndroid端末を追跡(探す)する為の5つの条件

紛失したAndroid端末を追跡(探す)する為の5つの条件

スクリーンショット 2015-11-26 00.04.36

おじさんです。

Android端末には「Androidデバイスマネージャー」という機能が付いています。これによって紛失したAndroid端末を追跡して探す事が可能になるのですが、この機能を使うにはいくつか、Android端末側に必要な条件があります。

これを満たしていないと、紛失したAndroid端末が探せない、ということになってしまいますので、チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

紛失したAndroid端末を追跡(探す)為の条件【Androidデバイスマネージャー使用】

スクリーンショット 2015-11-25 23.47.29

条件① Android端末に登録していたGoogleアカウントの「アカウント名」と「パスワード」が分かる事

紛失したGoogle端末を探す為には「Androidデバイスマネージャー」を使いますが、これには「紛失したAndroid端末と紐付けしてあるGoogleアカウント」へのログインが必要になります。

これが分からないとAndroidデバイスマネージャーにログイン出来ないので、登録したAndroid端末を探す事も出来ません。

条件② Android端末の電源がオンになっていること

Android端末の電源がオンになっていなければ、Androidデバイスマネージャーで端末を探す事は出来ません

スクリーンショット 2015-11-25 23.54.49

ですから、Android端末を紛失した際には、速やかにAndroidデバイスマネージャーで探す事が必要になります。

条件③ Android端末がデータ通信できる状態にあること

Android端末を探すには、Android端末がデータ通信出来る状態にある必要があります。これは通信キャリアの「4G」「LTE」などの回線だけでなく、Wi-Fi接続でも大丈夫です。

条件④ Android端末の位置情報がオンになっていること

Android端末の位置情報をオフにしていると、Androidデバイスマネージャーを使用して端末を探す事が出来ません。特に理由がないのであれば、紛失した時の事を考えて、位置情報はオンにしておく様にしましょう。

  1. 「設定」を開く
  2. 「位置情報」を開く
  3. 「ON」にする

以上の手順で位置情報はONに出来ます。

スクリーンショット 2015-11-25 23.59.09

条件⑤ Androidデバイスマネージャーの連係をオンにしていること

Android端末の設定で、Androidデバイスマネージャーとの連係をONにしておく必要があります。これは端末にもよるでしょうが、ほとんどの場合、初期段階でONになっているかと思います。

  1. 「設定」を開く
  2. 「セキュリティ」を開く
  3. 「機器管理機能」を開く
  4. 「Androidデバイスマネージャー」を「ON」にする

以上の手順で連係がONになります。

スクリーンショット 2015-11-26 00.02.17

以上の5点が、Androidデバイスマネージャーを使用して端末を探す為に必要な条件となります。Androidデバイスマネージャーはスマホでもパソコンでも使用可能です。非常に便利なサービスなので、活用して、自分の端末を守りましょう。

スポンサーリンク