【iPhone】スクリーンショットの切り抜き(編集)はカメラアップロードされると元に戻るから無意味だった

投稿日:

スポンサーリンク

iPhoneのスクリーンショットで追加された新機能として「スクリーンショットの編集」があります。この機能の中には「スクリーンショットの切り抜き」という僕が待望していたものがありました。

これは神!と思って使いまくっていたのですが、何やら違和感が・・・。

iPhoneのスクリーンショットの編集は「そのiPhoneでだけ」有効になる

iPhoneのスクリーンショットの変更は「そのiPhoneでだけ」有効になる様です。これは先ほど確認しました。僕はiPhoneとDropBoxの連係をしていて、iPhoneのスクリーンショットは自動的にDropBoxにアップロードされる事になっているのですが、その時アップロードされるスクリーンショットのデータがどう見ても「編集前」のものなんですよね。

iPhoneからそのスクリーンショットを見ると、しっかり編集されています。つまりiPhoneの「スクリーンショットの編集」は、そのiPhone上での見た目を編集しているだけ(オリジナルは残っている)だということが分かりました(iOS端末同士の共有なら編集も維持されるなどの条件があるかも知れません)。

iPhoneのスクリーンショットの編集は元に戻せる

iPhoneのスクリーンショットの編集をしても「オリジナルの画像はそのまま残っている」状態になっているので、実は後から元に戻せます。

保存したスクリーンショットを「写真」から開いて、右上の「編集」をタップすると・・・

 

画像の編集画面になります。ここで追加の編集をすることも出来ますし、右下にある「元に戻す」をタップすると、オリジナルの写真の状態に戻す事も出来ます。

(編集された画像部分をタップすると、オリジナルの画像が見れます)

 

「オリジナルに戻す」をタップすると・・・

 

この通り、編集前のスクリーンショットに戻りました。

カメラアップロードの際には、このオリジナルデータが送信されていたということですね。

他端末で使う場合には意味なし。そのままiPhoneで使うなら意味はある

僕の場合はスクリーンショットの切り抜きを他の端末で使うことを前提にしているので、これだったらiPhoneのスクリーンショットの切り抜きを”いつも”使う必要はないなと感じました。編集後のスクリーンショットをそのままiPhoneで使う場合のみ、スクリーンショットの編集をすればいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPhone

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.