YouTube有料化の後も無料会員でいる事のデメリットや違い

YouTube有料化の後も無料会員でいる事のデメリットや違い

スクリーンショット 2015-12-01 05.00.25

おじさんです。

今回はYouTube有料化のあとも無料会員でいる事のデメリットや違いについてご紹介します。

YouTube Red(有料版YouTube)のメリットなどはよく聞きますが、今のまま無料会員でいる事にデメリットは生じてくるのでしょうか?

スポンサーリンク

YouTube Red(有料版YouTube)の機能→無料版との違い

  1. 広告が表示されない
  2. バックグラウンド再生が出来る
  3. オフライン再生が出来る
  4. 限定コンテンツの配信
  5. Google Play Musicの有料会員の資格が無料で追加される

上の5点が、今言われているYouTube Redのみに用意された機能です。

【参考】YouTube Redとは?内容のまとめ

元々YouTubeは無料のものだったので、それに新たな機能が加わる事が有料化の意味であり、無料版との違いになります。

「無料で出来ていた事をする為にお金が必要になりました」ではいけないのですが、実際にはどうなるのか分かりません。上の5点を見る限りでは、「元々無料で出来たことが出来なくなる」のかどうかは不明です。

ですがいくつかの推測をする事は出来ますので、以下で考えてみます。

無料会員でいることのデメリットはある?(今まで出来たことで出来なくなること)

無料会員と有料会員の間に機能の差があり、有料会員の方があらゆる面で優遇されるのは当たり前だと思います。

ですが、無料会員としては「今までできた事ができなくなる」「今までのような快適さがなくなってしまうのでは?」と心配になる部分のありますよね。

特に影響が出そうな2点について、以下で考えてみました。

可能性① 広告がさらに多くなるかも?

無料のサービスに広告が入るのは当たり前の事です。無料でサービスを受けておいて、広告も拒否する・・・のでは、サービスが成り立たなくなります。

【関連】とは言え広告をスキップしたい人向けの裏技(アドオンなど複雑なことなしで)

ですが、今のYouTubeは以前のYouTubeと違い、明らかに広告の量が多くなってきています。これがダメなことかは分からないですが、ユーザーが不快に感じるレベルに達している様な気もします。

スクリーンショット 2015-11-30 22.10.19

特に上の画像の様に、長時間のコンテンツのところどころをぶった切って流れる広告は嫌だと感じている人は多いんじゃないでしょうか?

これは無料のままであればYouTubeとしても改善したのかも知れないですが、これからは「広告を見たくなければ有料会員になって下さい」となる可能性があります。

更に、もっと広告を増やして、有料会員になる様に仕向けて来る可能性もあるかも知れません。

「有料会員になることで快適に見られるのなら、なるかなあ」と思わせる・・・という事ですね。別にそれは悪い事じゃないとは思いますが、ちょっと嫌に感じる人もいるでしょうね。

可能性② 今まで見ていたコンテンツが見られなくなる

YouTube Redには限定のコンテンツが配信されます。

ユーチューバーなどの動画配信者は、これから動画配信をするときに「YouTube Red限定配信」などを選べるらしく、そういった動画が増えれば、「今まで見ていたお気に入りのユーチューバーの動画が見られない」ということが出てくる可能性があります。

これは有料会員になる為の理由を作る行為であり、すでに有料会員になったユーザーに満足感を与える事も出来ます。決して悪いことではなくて、企業だったらどこでもやっている当然のことです。

まとめ

YouTubeは今まで無料で見られていましたが、それは広告の収入があったからです。

コンテンツブロックなどをして広告を拒否するユーザーが増えた事も、このYouTube有料化の原因のひとつかも知れません。

(あれ?でもブロックするユーザーはそのまま無料でも広告を除外出来るので、有料化で恩恵を受けるのはコンテンツブロック出来ない一般のユーザーだけ??)

【関連】YouTube Redが始まる理由はコンテンツブロックで収益が激減したから?

恐らく、無料のユーザーであっても、ほとんど今までと同じ様にYouTubeを楽しむ事は出来ると思いますが、「すみずみまで楽しむ」ということは確実に出来なくなります。

しばらくは無料のままでYouTubeを使いながら、有料版の価値が本当にあるのかを考えてみてはどうでしょうか。

【関連】YouTube Redの情報まとめ

スポンサーリンク