050で始まる電話番号の正体!ワン切りは架空請求の可能性があるので掛け直しNGです!

050で始まる電話番号からのワン切りには注意が必要です。

最近になって被害が急増しているらしいので、僕も気を付けないと・・・。

というワケで今回は「050の電話番号から来るワン切り架空請求」についてです。

スポンサーリンク

050から始まる電話番号のワン切り架空請求に注意

050から始まる電話番号からワン切りがあったら注意が必要です。

先日、消費者庁が上の様な呼びかけをしました。なんでも、050から始まる電話番号に折り返しの電話をすると、有料サイトの利用料金が未払いだとして請求を受けるそう。これはもちろん、架空請求です。

この架空請求の大まかな流れは以下の通り。

  1. 050の電話番号からワン切りの電話がかかってくる
  2. 折り返すと自動音声が流れる
  3. その後担当者が電話に出る
  4. 有料サイトの利用料金が未払いだとして請求を受ける

うーん典型的な架空請求ですね。

ほとんどの人は引っかからないと思うのですが、数打ちゃ当たるで手当たり次第引っかけているのでしょう。

知らない電話番号からのワン切りは、050だろうが090だろうが折り返さないのが良さそうです。僕だったら絶対に折り返しません。

050から始まる電話番号ってなんなの?

050から始まる電話番号はIP電話である事を意味しています。

IP電話とはインターネット回線を使った通話が出来る電話番号です。

050 Plus(ドコモが運営)」など個人でも簡単に契約できますし、実際に僕も050の電話番号を1つ持っています。

なので「050の電話番号=悪いことをしようとしてる人」ではありません。当たり前ですが。

「知らない電話番号は留守電で判断」が最強の対応

今回のワン切り架空請求への対応は「電話をかけ直さない」事が一番です。無視をすれば架空請求も出来ません。

050でも090でも080でも、知らない電話番号からのワン切りは危険な可能性がある。

と思っておくのが良さそうです。

僕の場合ですが、ワン切りにかけ直しをしないのはもちろんの事、そもそも知らない電話番号からの着信は出ません。

大事な用件の電話だったらどうするの?

と思われるかも知れませんが、その場合は留守電を残すはずです。

なので、知らない電話番号からの着信は「まずは出ない」で問題ないと思っています。

留守電を残したらそれを聞いて判断すればいいし、留守電を残さないならその程度の用件だったということでしょう。

また、着信のあった電話番号をGoogleなどで検索してみるのも有効です。詐欺でもセールスでも、他の誰かが情報を残してくれている事がありますからね。

まずは「知らない電話番号からの着信は出ない(留守電を設定しておく)」事をオススメします。

スポンサーリンク