【iPhone/iPad】Airdropの共有メニューで知らない人の名前が表示される!恐いので設定を変更しました

Hadrian / Shutterstock.com

先日マクドナルドでiPad Proをいじっていたら、知らない名前が急に表示されてビビりました。

AirDropという機能の表示と共に、全く知らない他人の名前が表示されたのです。

今回はこの怪奇現象を解決したいと思います。

スポンサーリンク

iPhone・iPadに出現する「AirDrop」の知らない名前

iPad Proであるお絵描きアプリを使っていて、描いた絵を「共有」のボタンからDropBoxに保存しようとした時の事でした。

iPad Proの右下に表示された「共有」のメニューに、何やら見慣れぬ文字が

・・・。

ん?

誰?!

(※実際にはフルネームが表示されている)

そこには全然知らない人の名前がありました。もちろん僕の名前じゃありません。ただ心当たりはあって、多分僕の隣りの隣りに座っていた青年の名前だと思います。MacBookProをいじっていたので、恐らくその人で間違いないでしょう。

「AirDrop」って何なの?

知らない名前の上には「タップしてAirDropで共有」と書いてあります。

この「AirDrop」ってなんだろう?と思って調べてみたところ、Appleのサイトには以下の様に書かれていました。

AirDrop を使えば、近くにあるほかの Apple 製デバイスと、写真、ビデオ、位置情報などをすばやく共有できます。

(Sauce・Apple

・・ということで、ファイルの共有システムの事をAirDropという様です。

AirDropはWi-FiとBluetoothが有効でないと使えないみたいなので、やっぱり隣の隣のお兄さんのMacBookProが僕のiPad Proに反応したのは間違いなさそうです。Bluetoothってそんなに広範囲で繋がらないですからね。

他人のiPhone・iPadなどに自分の名前を表示させない設定の方法

逆の立場で考えてみると、自分の名前や写真(写真をApple IDに登録していた場合、名前と一緒に写真も表示される!)が他人のデバイスに表示されるのはイヤ過ぎます。

ということで以下の設定で、他人のApple端末のAirDropに、自分の名前や写真が表示されることを防げます。

まずは「設定」を開きます。

「一般」を開きます。

「AirDrop」を開きます。

「AirDrop」の項目を選択すると、上の様な画面となります。

初期設定では多分「連絡先のみ」となっているので、これを「受信しない」の設定に変更します。これで自分の名前が他人のApple端末に表示されるのは防げるはずです。

恐らく僕の隣の隣のお兄さんは、この設定が「すべての人」になっていたのかも知れません。

ちなみに、AirDropに表示される名前は「Apple ID」のものです。写真を設定していた場合、写真までセットでAirDropで公開されるので注意して下さい。

他人の名前を自分のiPhone・iPadなどに表示させない方法

僕は上の様に、AirDropの設定を「受信しない」にしたのですが、結局知らない人の名前は表示されたままでした。上の設定では「”すべての人”に設定した人の情報を表示しない」ことまでは出来ないのかも知れません(自分の名前は相手のAirDropに表示されないはずですが)。

ということで僕はAirDropの表示自体を消すことにしました。「共有」を押した時に「AirDrop」が表示される必要は、僕にとってはありません。全く使わない機能なので。

以下の様に設定しました。

まずは「設定」を開きます。

「一般」を開きます。

「機能制限」を開きます。

「機能制限パスコード」を入力します。

機能制限を使ったことがない場合はまずここで機能制限のパスコードを設定する画面になるはずなので、設定をして先に進んで下さい。

「機能制限」のメニューの中に「AirDrop」があり、有効になっているはずなので、これをタップします。

AirDropの機能が無効になりました。これで「共有」を選択しても知らない人の名前がAirDropで表示されることはなくなりました(AirDrop自体が表示されない)。

スポンサーリンク