【ポケモンGO】いらないポケモンを捨てる方法(預ける、ではなく)

【ポケモンGO】いらないポケモンを捨てる方法(預ける、ではなく)

スクリーンショット 2016-07-22 10.59.09

おじさんです。

ちょっと過激なタイトルかも知れませんが、ポケモンGOをやっていて「ポケモンが集まりすぎて、ポケモンボックスがいっぱい!もう持てない・・・」という事があると思います。

ですがどこを見ても「ポケモンを捨てる」という項目はありません。

しかしそれもそのはず。ポケモンは友達だから・・・という話は置いておくとして、流石に「捨てる」という表現は出来ないので、別の言葉でメニューが用意されています。「預ける」という言葉であれば分かり易いのですが、ポケモン特有の問題もあるのか、ボヤッとした言葉のメニューになっています。

以下でその手順を説明します。

スポンサーリンク

ポケモンGOで「ポケモンを捨てる(手放す)」方法

スクリーンショット 2016-07-29 05.29.38

ポケモンGOを起動したら、下に表示されるポケモンボールをタップします。

スクリーンショット 2016-07-29 05.29.43

展開されたメニューから、左に表示される「ポケモン」のアイコンをタップします。

スクリーンショット 2016-07-29 05.29.50

自分の持っているポケモンが一覧で表示されるので、手放したいポケモンをタップします。

今回は「コイル」を手放す事にしました。

スクリーンショット 2016-07-29 05.30.02

ポケモンをタップすると、上の様にステータスが表示されます。

これを下の方までスクロールします。

スクリーンショット 2016-07-29 05.30.10

一番下までスクロールすると、「博士に送る」という項目があります。これが「ポケモンを手放す」という意味です。

ちなみに「博士に送る」の上にある空白にも意味があります。以下の記事で説明しているので、興味があれば御参照下さい。

【関連】ポケモンGO「博士に送る」の上の空白の意味は?

スクリーンショット 2016-07-29 05.30.20

「博士に送る」を選択すると、上の様なメッセージが表示されます。

メッセージの通り、一度送ったポケモンは二度と戻って来ません。ですが「アメ」が貰えるというメリットあります。

「博士に送る」のメリットとデメリットは以下の記事にまとめていますので、よろしければご覧下さい。

【関連】ポケモンGO「博士に送る」の意味は?メリットとデメリットも

スポンサーリンク