【ポケモンGO】「ふかそうち」と「ムゲンふかそうち」の違いは?

【ポケモンGO】「ふかそうち」と「ムゲンふかそうち」の違いは?

スクリーンショット 2016-07-22 10.59.09

おじさんです。

ポケモンGOのアイテムに以下の様なものがあります。

  1. ふかそうち
  2. ムゲンふかそうち

一見すると②の「ムゲンふかそうち」の方がスペシャルな気がしますよね。使用制限のないふか装置、という意味に思えます。

ですが実は、

  1. ふかそうち(購入するオプション品)
  2. ムゲンふかそうち(最初から持っているもの)

という感じになっています。

ん?スペシャルな機能の方を最初から持っていて、普通っぽい機能の方を後から購入するの?と僕は不思議に思ってしまいました。

果たしてこれにはどんな意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

「ふかそうち」と「ムゲンふかそうち」には一体どんな違いが?わざわざ普通のふかそうちを買うメリットはナニ?

スクリーンショット 2016-07-29 22.05.13

「ふかそうち」と「ムゲンふかそうち」の違いは、そのままイメージの通りです。

  1. ふかそうち(回数限定でたまごをふかさせる事が出来る)
  2. ムゲンふかそうち(何度でもたまごをふかさせる事が出来る)

これだけ見ると「ムゲンふかそうちだけあればいいじゃん!」と思ってしまうのですが、実際にたまごのふかをしようとすると、この意味が分かります。

ポケモンGOをプレイしていると「たまご」を手に入れる事があるのですが、これは「ふかそうち(ムゲンふかそうち)」に入れて「決められた距離を歩く」事で、何らかのポケモンにふかします。

そして「たまご」は1度に9個まで持つ事が出来ます。しかし、最初から持っているふかそうちは「ムゲンふかそうち」だけ・・・。

ふかそうちには一度に1つのたまごしか入れる事が出来ないので、例えば10kmのたまごを9個持っていたら、10km×9=90kmの距離を歩く必要があるのです。これは辛い・・。

で、ここで出てくるのが「ふかそうち」です。普通のやつですね。

普通のふかそうちは3回の使用期限がありますが、いくつでも購入する事が出来ます。つまり、例えば8個の「ふかそうち」を買えば、9個のたまごを一気にふかそうちに入れる事が出来、歩く距離が少なくて済む用になります。

この様に、「ふかそうち」を購入する事で複数のたまごを一気にふかさせる事が出来るので、「たまごをふかさせる効率」を上げる事が出来ます。

ムゲンふかそうちは回数制限なしでたまごをふかさせる事が出来ますが、ちょっと効率が悪くなりますね。

ただしポケコインをリアルのお金で購入する必要があるので、「ふかそうち」を購入するかどうかは、ちょっと考えてみた方がいいかも知れないですね。

スポンサーリンク