Amazonプライムのメリットとデメリット!必要or不要?こんな人は得します!

おじさんです!

今回はAmazonプライムのメリットとデメリットについてご紹介します。

僕も数年Amazonプライムの契約を続けているのですが、今更になって改めて「何が得なのか?必要なのか?」について考えてみました。

スポンサーリンク

なんとなく契約をし続けたAmazonプライム。解約するか?

僕の場合、ずっと「なんとなく」でAmazonプライムを契約し続けてきました。

調べてみると、なんと2012年から契約をしています。もう、丸5年になろうとしてるわけですから、結構ヘビーなプライムユーザーかも知れません。

ちなみにAmazonプライムの会費は年間3900円なので、今までにすでに19500円を支払っている事になりますね・・・。6年目に突入すると、更に3900円追加なので、23400円になります。

「なんとなく」で契約し続けるには高額過ぎる気がします。

僕の場合「Amazonプライムにしていれば翌日に商品が届いて嬉しい!」みたいな理由だけで契約していたのですが、それだけの事で年間3900円は高すぎる気もします。

この機会に解約をしようかとも思ったのですが、最近はAmazonプライムの特典も増えてきました。

ということで、解約をする前に少し、Amazonプライムのメリットについて調べてみることにしました。

果たしてAmazonプライムの年額3900円(月額325円)は高すぎるのでしょうか?

Amazonプライムのメリット

Amazonプライムのメリットは随分と増えました。僕が契約した当時は本当に「翌日配送が無料!」くらいしかウリがなかった気がするのですが、最近は「動画」や「音楽」が聴き放題だったりと、CMなどでもAmazonプライムの紹介が頻繁にされていたりしますね。

ザッとまとめると、以下の特典がAmazonプライムにはあります。

  1. 配送特典
  2. Kindleオーナーライブラリー
  3. プライムビデオ
  4. プライムフォト
  5. プライムミュージック
  6. 会員限定タイムセール
  7. プライムNow
  8. Amazonパントリー
  9. Amazonn定期おトク便おまとめ割引

それぞれ、以下で見ていきましょう。

特典1. 配送特典

Amazonnプライムの特典と言えば「配送特典」でしょう。Amazonnプライム会員になることで、以下の配送特典があります。

  • 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料

Amazonプライム会員でない場合、お急ぎ便は1回360円(税込)、当日お急ぎ便は1回514円(税込)かかります。Amazonプライムの年会費は3900円なので、月に1度でもお急ぎ便を使うのであれば元が取れる計算になります。

僕の場合はせっかちなので、やはりこれだけでもAmazonプライムの価値はありますね。改めて調べてみて、お急ぎ便がこんなに高いとは驚きました。いつもは「無料で当たり前」の感覚で注文していたので・・・。これもAmazonnプライム会員ならではの快適さ、ということですね。

ちなみにAmazonプライムの対象商品には以下のマークが表示されます。

Amazonプライム会員になると、検索条件で「Amazonプライム対象商品のみ」みたいな項目を指定したりします。

特典2. Kindleオーナーライブラリー

Amazonプライム会員であり、かつKindleを持ってる人限定ですが、

  • 対象タイトルの中から1ヶ月に1冊、無料で読む事が出来る。

という特典があります。

本の価格はモノによって違いますが、1年に12冊を無料で読むことが出来ること考えると、これだけで年間3900円の元を取れる可能性はかなりあります。

本好きなら価値のある特典ですね。

特典3. プライムビデオ

「Amazonプライムビデオ」はAmazonプライムの特典としてかなりCMも放送されているので、認知度も上がっているサービスだと思います。

要するに「動画見放題」のサービスですね。NetflixやHuluの様な有料サービスに登録しなくても、Amazonプライム会員になっていれば同じ様な映画やドラマ、アニメが見放題です。

NetflixやHuluは月額1000円前後しますから、月額あたり325円のAmazonプライム会員のおトクさが目立ちます。安いです。

更に、Amazonプライム限定のコンテンツもあります。

特典4. プライムフォト

Amazonプライム会員であれば、容量無制限のプライムフォトが使えます。

自分の持っている写真をクラウドストレージに保存出来るサービスです。

ただしこれは無料のサービスで「Googleフォト」というものがあるので、そちらと比較して検討してもいいと思います。僕はGoogleのサービスが結構好きなので、Googleフォトを選びそうです(Googleのサービスはプライバシーの部分のセキュリティが不安ですが)。

特典5. プライムミュージック

プライムミュージックは「音楽聴き放題」のサービスです。

競合のサービスは多く、「Google Play Music」「Apple MUSIC」「LINE MUSIC」「Spotify」などなど色々とあります。

プライムミュージックは100万曲以上が聴き放題となっています。Google Play Musicは約3500万曲なので、かなり曲数に開きがあります。

今のところ、手持ちの曲をクラウドにアップロードして聴く、という事は出来ません。

ちょっと弱いサービスですが、発展途上という事でこれからに期待は出来ると思います。

特典6. 会員限定タイムセール

Amazonプライム会員なら、通常の会員よりも30分早く、タイムセールに参加する事が出来ます。人気の商品ならその30分で売り切れてしまう事も有り得るので、嬉しい特典と言えると思います。

他にも「Amazonプライムデー」というAmazonプライム会員専用のセールが行われる事もあります。


上の動画が参考になりそうですね。

この特典の為にAmazonプライム会員になる、というよりも、Amazonプライム会員に対する感謝祭的なノリのイベントだと思います。

特典7. プライムNow

プライムNowは「購入した商品が1時間以内に自宅に配送される」サービスです。

  • 対象地域のみ(現在のところ関東のみ)
  • 専用のスマホアプリをインストールして注文
  • 配送料が890円かかる

と、成約が大きなサービスですが、価値はあると思います。僕も実際に何度か利用していますが、本当に60分以内で届けてくれました。

【関連】AmazonプライムNowのレビュー記事

痛いのは「890円の配送料」ですが、2時間毎の時間指定が出来る「2時間便」は無料で利用出来ます。

特典8. Amazoパントリー

Amazonパントリーは以下の様なサービスです。

Amazonパントリーは、食品・日用品など毎日使うものを必要な分だけお買い求めいただける、Amazonプライム会員向けのサービスです。

ここだけちょっと投げやりな説明ですが、正直あまり魅力を感じていないというか、(僕は)あまり把握出来ていないサービスです。

「個別に買って箱がたくさん届くより、一度に買って1つの箱にまとまってる方がいいよね」」という感じでしょうか。これから価値が分かってくるサービスかも知れません。

特典9. Amazon定期おトク便おまとめ割引

同じ月の配送を3件以上まとめると、同時配送の定期おトク便が最大15%OFFでさらにお得に。

・・・というサービスです。

定期おトク便は元々割引があるサービスですが、そこから更に割り引きしてくれるとはスゴいです。

Amazonプライムのデメリット

Amazonプライムのメリットに続いてデメリットですが、これは「会費がかかること」以外にはありません。

年間3900円の価値を感じるかどうか、その一点のみが判断材料になります。価値があると感じるなら、Amazonnプライムのデメリットは無いと言って良さそうです。

(会費が年間払い、というのは不満があるところかも知れません。後から「必要ない」と思って解約しても、返金などはありませんからね)

今後Amazonプライムに期待すること

Amazonプライムは今のままでも十分お得なんですが、更に求めたいのは「Amazonの全サービスがAmazonプライムに含まれている状態」でしょうか。

  • 音楽
  • 動画
  • 写真

などのサービスは、Amazonではプライム会員に全て解放されています。それぞれ、競合の他サービスに対抗出来るデキなのに、です。これはスゴい事です。「Amazonプライムには全部のサービスが含まれてるよ」って感じで、とても分かり易い。

そんな中、唯一(?)Amazonプライムに含まれず、独立したサービスとなっているのは「Kindle Ultimate」です。(対象の電子書籍が読み放題)

かなり贅沢な話ですが、「Kindle Ultimate」がAmazonプライムに含まれたら最高だなと思います。

ですが、Kindle Ultimateは採算がまだ取れていない難しいサービスみたいなので、Amazonプライムに含める事は難しいのかも知れません。

Kindle Ultimateは「読まれた分だけ作家にお金を払う」仕組みらしいんですが、日本は「漫画」という特殊事情があって、ユーザーがスゴいスピードで何冊も読んでいくので、作家に払う使用料が莫大になり、「Amazonが勝手にKindle Ultimateから漫画を外す」みたいな事になってトラブルも起こったりしてます。

なので難しいと思うのですが、「漫画以外はAmazonプライムで読み放題」とかの制限がかかってもいいので、やってくれたら嬉しいです。

とりあえず、僕は「配送特典の無料」だけでAmazonプライムには価値があると判断しました。今年も更新します。

スポンサーリンク