iTunes Matchの同期が「不適格」となり失敗する理由

おじさんです!

今回は「iTunes Matchの同期が”不適格”となる理由」についてご紹介します。

iTunes Matchとは自分の手持ちの曲をクラウド上にアップロードして、それをスマホなどの端末から参照して聴くサービスの事です。

とても便利なサービスなのですが、手持ちの曲をクラウドにアップロードする際に、それが「不適格」というステータスと共に失敗してしまう事があります。

今回はなんとかこの「不適格」を回避してクラウドにアップロードする事は出来ないか?とあがいてみました。以下でご説明します。

スポンサーリンク

iTunes Matchの同期ステータスを表示する方法

まずは以下の手順でiTunes Matchの同期ステータスを表示する様にしましょう。これをやらないと、よく分からない雲のアイコンの表示があるだけなのでステータスが判別出来ません。

上の画像の様に、雲があれこれ状態を変えて表示されますが、これだけで最初から意味を知るのは難しいです。

なので、以下の方法でiTunes Matchの同期ステータスを表示します。

「ジャンル」「名前」「レート」などの項目名がある列にカーソルを合わせて、右クリックをすると、上の画像の様にメニューが表示されます。

そのメニューの中から「iCloudの状況」にチェックを入れましょう。これでiTunes Matchの同期ステータスが、曲毎に表示されて、とても分かり易くなります。

iTunes Matchの同期は失敗する事がある

iTunes Matchの同期ステータスは、アップロードが完了している場合、

  • マッチ
  • アップロード済み
  • 購入した項目

だいたい上の様に表示されます。あとは同期待ちである「待機中」くらいです。

しかし、上の画像の様に、同期ステータスが「不適格」となってしまう事があります。これは「待機中」とは違って、曲自体に何らかの問題(iTunes Match的な問題)があって、アップロード出来ない事を意味しています。

この「不適格」になった場合、いくら待ってもクラウド上へのアップロードはされないので注意して下さい。不適格の理由を探って、それを解消する必要があります。

iTunes Matchの同期ステータスが「不適格」となる理由

iTunes Matchの同期ステータスが「不適格」となるのには、いくつかの理由が考えられます。

その理由は以下の通りです。

  • iTunes Storeから購入したものでない曲
  • 別のApple IDで購入した曲
  • ファイルサイズが200MB以上の曲
  • 2時間以上の曲
  • 96Kbps以下でエンコードされた曲

このどれに自分が当てはまるか考える必要があります。

曲を右クリックすると上のメニューが出るので、「プロパティ(または”情報”)」を選択して、曲の情報をチェックしてみて下さい。

僕の場合、オーディオブックが「不適格」になってしまったのですが、プロパティを見るとビットレートが「96kbps」である事が分かりました。これを96kbps以上に出来れば、iTunes Matchへの同期が可能になる、という事になります。

普通に聴けるオーディオファイルなのですが、なぜビットレートの制限があるのか謎です。何か問題があるのかも知れませんが(ちなみにiTunes Matchへの同期をしないで普通にiTunesで聴く事は出来ます)。

今回の「不適格」はどう回避したのか?

この方法が正しいのか分かりませんが、僕は一応、この方法で「(ビットレートが低い為の)不適格」を回避する事が出来ました。

以下の記事でご紹介しています。ご参照下さいませ。

→ビットレートが原因でiTunes Matchへのアップロードが「不適格」となる場合の対処方法

スポンサーリンク