「他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます」は盗撮ウイルス?

「他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます」は盗撮ウイルス?

スクリーンショット 2016-03-20 16.55.20

おじさんです。

先日Macを使ってネットをしていたら、突然以下の様なメッセージが表示されました。

スクリーンショット 2016-03-08 00.55.43

思わず「怖っ!」って呟いちゃいました。この手の「脅し」めいた嘘の広告ってたくさんあるんで慣れるつもりだったんですが、この広告は怖すぎます。

これは本当に危ないウイルスを警告しているのでしょうか?ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

「他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます」は盗撮ウイルスを正しく検知している?

もしもこの「他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます」が正しく僕のパソコンを検知した結果であれば、僕はこの警告文に感謝しなければいけません。危ない状況にあることを教えてくれている訳ですからね。

結論から言えば、僕のパソコンはウイルスに冒されてはいなかった様です。ですがあなたのパソコンがどうかということは分かりません。どういう事かと言うと、この警告文はやはりただの脅し広告である可能性が高いと言う事です。そしてこの広告とは別にウイルスに冒されている可能性はあるかも知れないね、という事です。

この「他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます」という文章ですが、僕はまずこれを検索してみました。そうする事によって同じ様な状況にある人の文章がヒットする可能性が高いからです。

しかし、検索結果には特にその様なものはありませんでした。もしかしたら新しめの広告なのかも知れません。

「他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます」の文章を読み解く

次に文章に着目してみました。

他人があなたのウェブカムにアクセスすることができます。

あなたのプライバシーが危険に晒されています。Mac Keeperアプリケーションをインストールしてコンピューターをスキャンし、スパイウェアを全て削除して下さい。

と書かれています。

よく読むとこの文章は、「あなたのパソコンがウイルスに感染しています」と書いていません。「あなたのウェブカムにアクセスすることができます」と書かれており、これはよく考えれば当たり前の注意喚起です。「ウイルスにすでに感染しているので、その結果あなたのウェブカムにアクセスすることができます」とは書かれていない訳です。

そして最後に「スパイウェアを全て削除して下さい」と言う文章です。これは一見「あなたのパソコンにインストールされたスパイウェアを削除して下さい」と読めますが、よく読めば「(あなたのパソコンにスパイウェアがすでに入っている可能性もあるので)スパイウェアを全て削除して下さい(チェックして下さい)」とも読めます。

つまりこの文章は、

ある技術を使えば、他人でもあなたのウェブカムにアクセスすることが可能です。

つまりあなたのプライバシーはいつでも危険に晒されています。Mac Keeperアプリケーションをインストールしてコンピュータをスキャンすれば、あなたのコンピュータに潜んでいるかもしれないスパイウェアを全て削除する事も可能です。

と言っているのです。

これなら恐らく「嘘の広告を出して恐怖心を煽って、商品をダウンロードさせた!」と言われた時にも言い逃れが出来るかも知れません。かなり巧妙に、微妙なラインから脅しをかけているのだと思われます。

「MacKeeper」とはどんなアプリなのか?

次に着目するのは、先ほどの警告文に登場する「Mac Keeper」というアプリケーション名です。この広告は、恐らくこのアプリケーションをダウンロードさせる為の広告のはずです。

「MacKeeper」でGoogle検索をすると、

スクリーンショット 2016-03-20 16.43.29

この様にあまり好意的でない記事が並びます。

これでようやくビンゴ!という感じで、広告の正体に辿りつきました。やはりあの警告文は脅しめいた広告である可能性が高いです(先ほど書いた通り巧妙に断定をさけていますが)。

どうやらこのMac Keeperというアプリケーションは以前からこう言った内容の、警告めいたポップアップ広告を出している様子(中には「あなたのパソコンはウイルスによって破損しています!」と断定する様な広告もあるそうです)。アプリケーション事態の評価はおいておきますが、その売り方に関しては評判は良くありません。

どう対処すればいいの?

僕の場合は左上の×をクリックしてそっとポップアップ広告を閉じました。もしかたらそれでも閉じなかったかもしれないんですが、その場合は多分Macを再起動したはずです。もちろん「インストール」などしていません。

今回の広告とは別に、こうした「ウェブカメラ」や「インカメラ」からの盗撮被害があるのは事実です。ですから「ハッ」と怖くなった僕は、MacBook Proのインカメラに小さい丸のシールを貼り付けました。笑   これなら盗撮は出来ません。(盗聴は分かりませんが)

インカメラからの盗撮について、よろしければ以下の記事もご参照下さい。対策について他の方法も書いています。

【関連】スマホやパソコンのインカメラから盗撮するウイルスがある?

スポンサーリンク