【復活?】1年間放置したバンカーリングを再利用した結果

投稿日:2019年3月22日 更新日:

スポンサーリンク

1年くらい前に買ってすぐに使わなくなり、放置プレイしていたバンカーリングを再度使いたくなりました。

使わなくなったバンカーリングは倉庫に雑な感じで放置されていたので状態は良くありません。ほこりを被って、もう「これがスマホにくっつくとは思えない」状態・・・。

なのでぼくはもう「新しいバンカーリングを買おう」と思っていたのですが、ものは試しということで古いバンカーリングの再利用を試みることにしました。

古いバンカーリングは復活する?公式の見解は・・・

ぼくは勝手に「これもう復活しないだろ」と思っていたのですが、公式には以下のようにあります。

半永久的に繰り返し付着が可能・・・と書いてありますね。

ということは、公式的には「使用後に1年間放置したバンカーリングでも再利用できる」ってことになりますよね?

これは期待していいのかも???と思って、早速バンカーリングの復活を試みることにしました。

バンカーリングを復活させて再利用する方法

ぼくがやった、バンカーリングを復活させる方法は以下の通り。

  1. バンカーリングの接着面をよく水洗いする
  2. バンカーリングをしっかり乾かす
  3. スマホの背面にバンカーリングをくっつける

という手順です。

公式にも復活の手順について、

汚れたとしても軽く水で汚れを流し乾燥したら、新品のように再び使える。

とあるので、ぼくのやった方法は間違っていないハズです。

乾くのにかかる時間は多分30分程度だと思いますが、ぼくは念のため一晩かけて乾かしました。乾かし方が足りなくて剥がれてしまったらイヤですからね。笑

バンカーリングは復活したのか?

1年放置したバンカーリングは大復活しました。

公式の言っている通り、まるで新品のような粘着力でぼくのスマホ(iPhone)にくっついています。

iPhoneにバンカーリングを取り付けてから半年くらい経っていると思いますが、使用感にまったく問題はないですね。取れる感じもゼロです。しっかりくっついています。

バンカーリングおすすめですよ!

まとめ

バンカーリング公式が言う「洗えばまた新品のように使える」は本当でした。新しいバンカーリングを買わなくて良かった・・・。

「そもそもバンカーリングって使いやすいの?」という問題はあるのですが、ストラップホールのないiPhoneの場合、ストラップの代わりにバンカーリングを使うのが最適解な気がします。

今後新しいiPhoneを買ったとしても問題なく再利用できそうですから、このバンカーリングとは長い付き合いになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-ストラップ

Copyright© すまおじ.com , 2019 All Rights Reserved.