ガラホとスマホ/ガラケーの違いと、メリット・デメリット

ガラホとスマホ/ガラケーの違いと、メリット・デメリット

スクリーンショット 2015-12-11 11.24.26

おじさんです。

今回は「ガラホとスマホの違いと、メリット・デメリット」ということでご紹介します。

以前の記事で「ガラホの意味」についてご紹介しましたが、今度は具体的な「違い」や「メリット・デメリット」についてご紹介します。

【関連】ガラホとは?意味はなに?

スポンサーリンク

ガラホとスマホの大きな2つの違い

ガラホとは「ガラケー+スマホ」という意味ですから、「スマホのようなことが出来るガラケー」という風に思ってもらえば間違いありません。

ですがやはり違いもあります。

一番大きな違いは「タッチパネルではない」という事です。

この違いによってスマホとは操作感がまったく違ってきますし、できる事自体も変わってきます。

その事によって、「スマホのアプリはほとんど不対応」という自体になっています。

  1. タッチパネルではない
  2. スマホのアプリは不対応

これがスマホとの大きな2つの違いです。

ガラホとガラケーの違い

ガラホは「スマホに近い」というよりは、「ガラケーの進化版」と考えた方が良さそうです。

ガラケーからガラホでの進化点をざっと挙げると、

  1. LINEが使える
  2. Wi-Fiが使える
  3. 4G LTE対応
  4. 高性能カメラ
  5. テザリング対応

というような感じになります(機種や通信キャリアによります)。

これに加えて「スマホのアプリにほとんど不対応」ということを考えると、「LINEを出来る様にしたガラケー」って感じもします。

ガラホのメリット・デメリット

ガラホのメリット

まずメリットとしては、「ガラケーから離れたくない人が、ガラケーっぽいスマホを持てる」と言う事。

ユーザーの中にはスマホに拒絶反応を持っていたり、ガラケーを使っている事にこだわりを持っている人がいるのですが、ガラホであれば「待ってました」と買える可能性があります。

そして「スマホに比べて維持費が安い」「バッテリーが長時間持つ」「物理キーが使いやすい」「丈夫」という点もメリットになります。

ガラホのデメリット

ガラホのデメリットは、「スマホと比べた場合」にのみ出てくると思います。ガラケーとの比較では特にデメリットはありません。

スマホとガラホを比べてしまうと、どうしても中途半端なイメージがあるのです。

ガラホはどんな人向けの商品なの?

ガラホは以下の人向けの商品だと思います。

  • ガラケーにこだわりのある人
  • 高齢者
  • スマホよりも維持費を安く抑えたい人
  • スマホの多機能さを「余計なもの」と感じる人

正直今の時点では「中途半端」なイメージがありますが、ガラケーの進化版としては上出来かも知れません。

ですが今は「格安スマホ」や「らくらくスマホ」なんていう商品もありますから、ガラホが普及するかどうかは微妙なところもありそうですね。

スポンサーリンク