iPad Pro 12.9を返品して、iPad Pro 10.5インチを購入しました。

投稿日:

スポンサーリンク

おじさんです。

先日、買ったばかりのiPad Pro 12.9を返品しました。すでにAppleから受領しましたという旨のメールも届いており、近く返金もされると思います。

初めて手にした時に「絵を描くには12.9インチが正解!」と感じていたのですが、今は違う感想を持っています。

iPad Pro 12.9を返品した理由

僕はiPad Pro 12.9を「イラストや漫画を描く目的」で購入したのですが(ほぼ漫画)、その目的にはちょっと合わなかったかな?と今は思ってます。

12.9インチという大きさはイラストや漫画を描くには正解だったと思うし、Apple Pencilも素晴らしかったのですが、ネックになったはiPad ProはiOSである、という基本的なこと。

本格的にデジタルの絵を描く勉強をしたいなら、最初からプロ仕様のソフトに触れておいた方がいいと思う様になってしまったのです。僕の場合は、CLIP STUDIOというソフトがそれでした。iOSには、CLIP STUDIOがありません。

僕は「デジタルで漫画を描く”練習”をする」みたいな気持ちでiPad Pro 12.9を購入しました。いつか、本格的な道具に乗り換えればいいやという気持ちでした。しかしそうではなく、デジタルの絵を勉強するなら、最初から「使いたいソフト(CLIP STUDIO)」に触れておくのがいいなと思う様になりました。

一応、iPad Pro 12.9で色々なソフトを購入したりしてみたのですが、「コレ!」というソフトは見つからず・・・(プロクリエイトというソフトはいい感じだった様な気がします)。

結局iPad Pro 12.9を触る機会もあまりなくなり、「手放そう!売ろう・・・」と思う様になり、そこでたまたま「Apple製品は14日以内なら返品できる」ということを知り、そのシステム?を利用させてもらうことになりました。

もちろん、iPad Proにはメディバンペイントという漫画作成ソフトもありますし、まとめると単純にCLIP STUDIO(クリスタ)が使いたくなってしまった、というだけの理由です。

モバイルスタジオプロが用途にあっていたかも

iPad Proの様な環境でCLIP STUDIOをやる選択肢として、モバイルスタジオプロというタブレット型のパソコンがあります。13インチと16インチで展開されていて、Windowsを積んでいるので、僕の用途的にはドンピシャ。でも、スペックを良くすると35万円くらいしますし、高すぎなんですよね・・・・。

実は先日まで、レッツノートSZを買うか、モバイルスタジオプロを買うかで迷ってしました。結果、レッツノートSZを買ったので、モバイルスタジオプロを購入するにはちょっとおサイフが寒すぎるのですが。

iPad Pro 10.5インチを買いました

iPad Pro 12.9は返品したのですが、その後すぐに、iPad Pro 10.5インチを購入しました。これは絵を描く目的じゃなくて、自炊した電子書籍を見る目的です。なのでiPad Pro 12.9の返品とiPad Pro 10.5の購入はあまり関係ないというか、たまたま別の目的が同じ時期にできたと感じです。

返品を決めたiPad Pro 12.9で、自炊した電子書籍を見てみたら、サクサクしてて最高だったんです。電子書籍を見るなら、持ち運びも考えて10.5インチがベストですからね。

サブ的な用途として絵を描くことも考えて、Apple Pencilも揃えています(PDFにメモを書く時にも使える!)。

また、iPad Pro 10.5が届いたらレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-iPad

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.