Wi-Fiが途切れる現象が治った!オススメの無線LANルーターを紹介します!

投稿日:

スポンサーリンク

おじさんです!

今回はオススメの無線LANルーターをご紹介します。

Wi-Fiが途切れる原因は、そもそも無線LANルーターに問題がある、ということもあるんです!

Wi-Fiが途切れまくる現象

ここ1年以上、Wi-Fiの電波が頻繁に途切れる現象が頻発していました。

急にパソコンが繋がらなくなって、電波の表示を見てみると、Wi-Fiのマークが付いていない。

スマホのWi-Fiがいつの間にか途切れて、モバイルネットワークに切り替えられている。

こんな現象がずっと続いていました。

それでも今までは、騙し騙しやっていたのですが・・・。

再起動しても何してもダメ

Wi-Fiが途切れる場合の対策として、僕が考えられる事の全てを試してみましたが、それでもダメ。一旦良くなった様な感じもするのですが、すぐにまたダメになります。

特定のスマホだけWi-Fiが途切れる事もあった

妻の使っているスマホのWi-Fiだけが途切れる事もありました。

なので「妻のスマホが壊れているのかな?」とも思ったのですが、他の機器でも同じ現象はたまに起きていた為に、とりあえずスマホの買い換えは保留していました。

Wi-Fiが途切れまくる原因は無線LANルーターな場合もある

Wi-Fiの電波が途切れまくる原因について、僕がようやく辿り着いたのが「無線LANルーターが原因なのではないか?」というものでした。

僕は無線LANルーターの存在をかなり軽視しており、正直「無線LANルーターなんてなんでもいいんでしょ?」というレベルでした。無線LANルーターに対して出来る対応は、再起動だけ・・・なんて思っていました。

しかしそうではなく、無線LANルーターによってWi-Fiの状態はかなり左右される様です。しかも無線LANルーターには「性能」というものがあり、古くなればなるほどスペックも低く、動作も不安定になったりするらしいのです。

僕は無線LANルーターは「LANケーブル」みたいなものだと思っていました。なんとなく、繋いであればいいやと思っていました・・・(LANケーブルも重要らしいですが、まだそこまで分かりません)。

で実際に、無線LANルーターを替えたらWi-Fiの環境は見違える様に改善しました。妻のスマホのWi-Fiも、全く途切れなくなったのです。

レビューを漁りまくって辿り着いたのがTP-Link!シェア45%のトップメーカー!

無線LANルーターを買い換えるに当たって、「どの無線LANルーターにするか?」はかなり悩んだポイントです。以前であれば「有名どころの適当なやつを選ぼう」となっていたのですが、今回は色々と調べてから買うことにしました。

で、レビューを見ている限り評価が高かったのがTP-Linkというメーカーの無線LANルーターです。これは海外のメーカーらしく、僕もレビューを見るまでは「安かろう悪かろうな粗悪な海外メーカー品じゃないの・・・」と偏見を持っていたのですが、どうやらTP-Linkは無線LANルーターのナンバー1!世界シェア45%のスゴすぎる会社だと分かりました。なんでもかんでも日本の製品が一番スゴくて安心・・・という時代ではありません。どうしても目に付くのは日本の企業の製品ですが、色々と調べてみることも重要ですね・・・。

もちろん「売れているからスゴい」というワケではなく、レビューを見て決めました。TP-Linkの無線LANルーターの満足度は高いと感じました。

TP-Linkの無線LANルーターの選び方

TP-Linkの無線LANルーターは色々あります。

(via・Amazon

上の表の様に色々とあるのですが、僕が目を付けたのは左から3つの機種です。

  • Archer C5400
  • Archer C3150
  • Archer C9

の3機種ですね。上の機種に限っては、数字が大きい程高スペックになっています(右の方の機種になると数字とスペックは比例していないみたいです)。

 

まず気になったのはこちらのArcher C5400。アンテナが8本もついているゴツい無線LANルーターです。多分一番いいものを買っていれば間違いないのかな・・・・と思ったのですが、ネックになるのが価格です。Archer C5400は3万円近くもするのです・・・。

 

次に候補になったのがコチラのArcher C3150です。C5400より価格も1万円くらい安く、それでもかなりの高スペック。しかし、「無線LANルーターなんて6000円もあればいいの買えるだろう」という考えだった僕からすると、まだ結構高い・・・。

 

で、最終的に購入を決めたのがコチラのArcher C9です。僕のマンションの間取りを考えたときに、これが一番バランスが良いと感じました。

 

公式に発表されている利用推奨環境や価格をまとめると、以下の様になります。

間取り 階数 同時接続 価格
Archer C5400 4LDK 4階 64台  29,027円
Archer C3150 4LDK 4階 48台 19,700円
Archer C9 4LDK 3階 12人?  11,309円

※価格は2017/06/28現在のものです。

なぜかArcher C9は同時接続のスペックが「12人」となっているので台数がよく分からないのですが、最低でも12台だろうという事だと判断しました。

 

それに加え、TP-Linkの無線LANルーターについて調べていた時に見付けて、参考にさせて貰った記事があり、その記事では「Archer C9と上位機種では、回線速度などは変わらなかった」と書かれていた事も、Archer C9を選ぶ決め手になりました(再度その記事を探したのですが見つけられず・・・)。

 

 

僕の様に3LDKのマンションに住んでいて、オンラインゲームもやらず、「Wi-Fiが途切れず安定していればいい」という人間にはArcher C9で十分だった様です。

TP-Link Archer C9の感想

Archer C9を使い始めてから10日程が経過していますが、Wi-Fiの環境は快適そのもの。とぎれることは全くなくなりました。

僕が使っていた無線LANルーターを調べてみると、2012年に発売されたもので、もう5年も前の機種でした。無線LANルーターは中にコンピューターの入ったデリケートな精密機械であり、その性能によってWi-Fiの環境は左右されます。

なので3年おきくらいには・・・・と、なんとなく想像で書いてしまうのですが、たまには最新の機種に変更してしまうのが良いかも知れません。

TP-Linkの無線LANルーターは、管理画面もとても使いやすくて、ちょっとビックリしました。僕が使っていた前のメーカーのものは、管理画面も古くさくて、とても使いにくかったですから・・・(そういうものなんだと思ってました)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-Wi-Fi・回線, 回線

Copyright© すまおじ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.