iPhoneのホームボタンを軽く2回タッチすると画面が下半分に!この意味と、オフにする方法

iPhoneの画面が急に下に下がって、半分だけになる・・・という経験をしたことはないでしょうか?僕は結構頻繁にあって、その度に「なんだろうコレ」と思っていました。

何かの機能なんだろうけど、調べずに放置プレイ。ホームボタンを押せば元に戻るので、まあいいかと思って調べずにいましたんですが、いい加減何の機能なのか把握しようということで、調べてみました。

スポンサーリンク

iPhoneのホームボタンを軽く2回タップすると、画面が下半分だけになる

iPhoneのホームボタンを軽く2回タップしてみると、iPhoneの画面がおかしなことになります。

これはTwitterの画面ですが、この状態でも「ホームボタンを軽く2回タップ」すると・・・

こんな感じで、画面が下半分だけになります。

意図せずにたまーにこういう現象が起きてしまうのですが、どうにか同じ現象を再現しようとして、「ホームボタンを軽く2回タップ」がそれであるとやっと突き止めました。検索すれば早かったのですが、色々試して見つけました。笑

iPhoneの画面が下半分だけになる意味は?「簡易アクセス」って言うらしい

iPhoneのホームボタンを軽く2回タップすることで画面が下半分だけになるこの機能ですが、「簡易アクセス」というらしいです。

なんの為の機能かと言うと、画面半分になることでスマホを操作する指がカンタンに上まで届くでしょということらしい。Galaxyに同じ様な機能があった気がしますが、あんな感じのコンセプトでしょうか。確かに試してみると、画面が下半分になったままで操作を受け付けてくれます。

iPhone7 Plusは特に画面が大きくて片手の操作時には画面端まで指が届きにくいので、使いこなせばこれは役立つ機能かも知れません。

iPhoneのホームボタンを軽く2回タップしても「簡易アクセス」の状態にならない様に設定する

せっかくですが僕はこの「簡易アクセス」のお世話になることはなさそうなので、できればこの機能自体をオフにしたいです。意図せずに作動させてしまうことが結構あるので。

ということで、以下の操作で「簡易アクセス」の機能をオフにする事が出来ます。

まずはiPhoneの「設定」を開きます。

次に「一般」を選択します。

「アクセシビリティ」を選択します。

「簡易アクセス」を選択します。

「簡易アクセス」がオンになっているはずなので、これをタップしてオフに変えます。

「簡易アクセス」がオフになりました。

これでホームボタンを軽く2回タップしても画面が下半分だけになることはなくなりました。

良かった良かった。

スポンサーリンク