スマホの充電時間を短縮!早く効率的にする3つの方法

スマホの充電時間を短縮!早く効率的にする3つの方法

スクリーンショット 2016-04-03 17.16.03

おじさんです。

今回は「スマホの充電時間を短縮!早く効率的にする3つの方法」についてご紹介します。

充電のやり方を間違っていると「いつまで経っても充電が増えていかない」という事になりかねないので、注意が必要です。

スポンサーリンク

スマホの充電時間を短縮!早く効果的にする3つ方法

①急速充電器を使う

スマホの充電器には「急速充電」をウリにしているものがあり、同じく充電ケーブルにもその様なものがあります。これらを使う事によって、スマホの充電は早く、より「信頼」がおける様になります。

「信頼」というのはどういう意味かと言うと、中にはスマホの充電をするには力不足な充電器や充電ケーブルがあったりするからです。それらを使っていた場合、いつまで経ってもスマホの充電がされない(むしろ減る)なんてことが起こり得ます。

スマホの充電器と充電ケーブルは信頼のおけるものを使用しましょう。僕の使った限りだと、Anchor製のものが高品質です。

【関連】オススメのスマホ充電器

【関連】オススメのスマホ充電ケーブル

②機内モードをオンにする

ちょっと裏技的な方法ですが、スマホの機内モードをオンにすることで充電が早くなる可能性があります。理由は簡単で「バックグラウンドでデータ通信をしなくなるから」です。

余計な動作を極力抑えて充電に集中させる事で、通常の充電よりも2倍ほど早い充電スピードが期待出来ます。

【関連】スマホの充電を爆速にする「機内モードオフ」

③スマホの電源を切った状態で充電する

②の「機内モードオフ」の発展系として、「スマホの充電を切った状態で充電をする」という方法もあります。これならデータ通信をしなくなるどころか、全ての動作を停止するので、当然充電のスピードは異なります。

ですが、②も③も、大切な電話やメールにすぐに反応出来ない可能性があるので、注意が必要です。

まとめ

スマホの充電に関して一番良いのは、「スマホのバッテリーの残量を気にしないこと」です。その為にはどうすればいいかと言うと、個人的には「モバイルバッテリーを持ち歩くこと」が一番だと思っています。

充電の仕方によってバッテリーの劣化なども心配されますが、僕はそれよりも「今快適に使用出来ること」を選びます。なので充電可能な状況では、いつも充電しっぱなしです。最近のスマホはバッテリーも進化しているのか、この使い方で寿命を早くした様に感じた事はありません。

【関連】スマホバッテリーの残量を気にする時代はもう終わった?モバイルバッテリーを持ち歩こう!

スポンサーリンク